人の暖かかさに癒された”リスボン”旅行 (その1ー出発編)

これから何回かに分けて、7月初めに旅行したリスボンについてご紹介します。
ニースから僅か2時間半のフライトで行ける距離にありながら、
これまで行かなかった事を後悔するような、そんな素晴らしい街、人達でした。
今回は車を使わず、全て公共の交通機関を使って旅行する事にしました。
出発はまず、ニース駅(Gare de Nice Ville)から………….

所でニース駅に行くまでの事に関してですが、皆さんこんな事想像できますか?

フランスにいて、”日本と一番違う事をあげなさい!”と言われれば、
私は真っ先にこれを上げます。それは旅行を計画する段階で、常に
万が一を考えなければならない事です。テロの危険ではありません。

1) 呼んだタクシーがこなかったら? 2) SNCFがストライキをしたら?(日常茶飯事なので) 
3) 列車が遅れたら?(これもすごく頻繁)

私の場合、公共の交通機関を使って旅行あるいは移動する場合に、タクシーが
迎えに来なかったらその時点でアウトです。駅まで歩いてはいけません。バスもありません。
勿論何とかするでしょうが、最初の心配はタクシーから。(日本ではまず必ず来ます)

JRのストライキ、最近聞いた事ありません。日本の列車の遅れは事故や天災によるもので、
予期せぬ自体、又は予め予定される時に起こり、ましてや常習ではありません。
実際に今回私は帰りの列車でやられました。この話はこの旅行の終わりにします。
終わりはこれまたドラマチックでした。(苦笑)

では、旅の続きを。ニース駅(Gare de Nice Ville)から空港までは、
エアポートバスを利用しました。

Gare de Nice Ville 駅の外観。(ウェブサイトより)

Gare de Nice Ville

駅と同じ敷地内にあるバス停に99番バス(Aeroport bus) が来ます。
乗車券は運転手から直接買えて、6ユーロでした。
98番と99番の両方使えて、74分間有効の片道切符との記載が有ります。
だから、入口の機会に通さなければならないんですね。

bus ticket 99

30分弱で空港に着きます。ぼったくりのタクシーより安心で断然良いです。

今回利用した航空会社はTAP Portugal
TAP Portugal ですが、この航空会社を毎週のように利用された方のコメントが
ネット上にあり、彼曰く”一度として遅れなかった事はないので要注意です!”と。
BINGO! 2時間遅れでの出発となりました。2時間半で着くのに2時間待ちとは….

カフェで休んだり、メールをチェックしたりしながら時間を潰しやっと搭乗開始です。

近距離や離島の飛行の際によくあるケースですが、今回も搭乗ゲートから
バスで移動しての機内乗り込みとなりました。搭乗開始が大幅に遅れたにも拘らず
まだオイルを入れてたりして、こういうの見るとナ~ンだか不安になりますよね~。
バスの中でもさらに待たされて、やっと機内へ。

TAP Portugal from Nice

今改めて飛行機の写真を見ると”express”の文字が。
書きながら笑ってしまいました。でも、これも旅の良い思い出です。

次回に続きます………….

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: ポルトガル   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>