St-Germain-des-Prés(サン・ジェルマン・デ・プレ) 夜のショーウィンドー

南仏でもパリでも、夜はなるべく出歩かないようにしていますが、たまたまサンジェルマン大通りを歩く事となり、
それならばと、夜のショーウィンドーのディスプレーをカメラに収めてきました。

改めて見てみると、周りが暗い分商品が際立って見えて、なかなか面白い写真になっているように思います。

今日は、一気に掲載しますので、楽しんでくださいね!

では、一枚目から………..

ベビー服のブティック。
このクマさん、いつも買いたいと思っているのに、いつもタイミングが合わず。未だ価格さえわかりません。次回こそは……

P1030049_copy

とってもシンプル。動きやすそうで、尚且つおしゃれです。

P1030051_copy

P1030052_copy

ミンクのトリミングの傘ですね~。雨の日でもなかなか傘をささないフランス人ですから、これは観光客用ということで。笑
そう言えば私、初めてパリを訪れた20代の頃、今は亡き父に、お土産としてこの犬の柄の長傘を買いました。
遠い昔の話になりました。 懐かしいです。

P1030053_copy

インドの若手デザイナーVARN SARDANA(ヴァルン サルダナ)。

P1030058_copy

夜に黒のドレスなのにかなり目立っていました。今や注目の若手デザイナーですね。

P1030059_copy

ブランド名は何でしょう? ETRO! です。武者人形も本物です。ハッとする美しさでした。
ちなみに奥の男性、誰かいる? と思ったのですが、マネキンでした。ホッ……

P1030061_copy

最初の武者人形が素晴らしすぎて、………エロトでした。

P1030062_copy

ソニアリキエル。

P1030064_copy

P1030063_copy

ラルフローレン。

P1030066_copy

ユーミンのアルバム「OLIVE」、その中の“未来は霧の中に”の歌詞に………….

♪フォーブル・サントノーレ  伝説の並木通  古い雑誌をめくれば
カルダン エ クレージュ  宇宙服流行し頃  科学も夢を見てた
 東京の街はオリンピック控え  まるで絵のように時が過ぎた  私は九つ 覚えているのは まだ未来は霧の中
ある日目覚めるとテレビジョンには 月を歩いてる飛行士がいた
 私は13 初恋失くして もう恋はみんな同じ そのうち誰かが 火星に降りても もう驚かないでしょう ♪

急にこの歌を思い出し、ちょっと懐かしさもあって、かなり久しぶりにフォーブルサントノーレ通りを歩いてみることにしました。
エリゼ宮の警護のせい(警官だらけ)という訳でもないのでしょうが、全く活気がありませんでした。
閑散としているので、”枯れ葉舞い散る歩道をお散歩するのにはいいかな?”と思ったくらいでした。

パリは相変わらずパリで、右岸と左岸、それぞれの良さがあり、都会なのにどこか落ち着くと感じるのは、
私だけではないと思いますが、ユーミンが歌っていた頃のフォーブルサントノーレはもう見られないのかもしれないと
時の流れを感じましたね。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: ブランド   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>