”日本が恋しくなった” パリ滞在(その1 盗難)

今の気持ちを書かないではこの先パリのご紹介ブログは書けないな~と思い、これから何回かに分けて
お話したい事を綴ってみます……なんちゃって妙に神妙な私めですが、実は失態をやらかしました。

今日はまずそのご報告から。
私の大、大、大、不注意です。生まれて初めて物を盗まれました~。
盗まれた物はデジカメ。仕事柄デジカメはいつもバックに入れて持ち歩いていますが、
まさかの出来事でした。被害は保険である程度カバーできるとはいうものの、2日分の写真を失くして
しまいました。いつも撮った写真は毎日パソに保存するのに、あの日に限ってサボってしまって。
お陰で昨日は警察に行って盗難証明書を作ってもらったり、新しいカメラを買いに行ったりと
そんなこんなで一日が終わりました。

盗まれた経緯はこうです。
久しぶりにパリに住む日本人の知り合いと会って食事をする事に。近くのお寿司屋さんに行き二人で
ハーフボトルのワインを飲んで(二人ですから量は多くありませんよねっ?? ねっ! 酔っていませんでした)
その後6区のかの有名なカフェへ。サンジェルマンデゥプレで有名なカフェと言えば、あの2軒。

初めは教会前の私がよく行く方のカフェの外の席に座ったんです。でも「前の人のを片付けて」って言っても
ウェイターさんが知らんぷりしたので、奥の席へ移動する事に。内の席を見つけて座った矢先、今度は
私達の前の席の女性が吸うたばこの煙が私達を直撃。煙草の煙アレルギーの私は即退散。
で今度はここを諦めて後ろの方のカフェへ移動。こちらもいつものごとく席はほぼ満席でしたが
何とか空いている席を見つけて落ち着いたんです。

バックはそれなりに気にして、自分では十分注意していたつもりでした。狭い席でしたけどちゃんと
自分の腰のあたりにくっつけて置いていたんです。でも帰ってバックを見たらデジカメがない!
流石に落としてはいませんし、(そこそこ重いカメラなので落とせば気が付きますよね)
やはり盗まれたとしか。でもどの瞬間だったのだろうかと……………。
思い当たるふしがない訳ではないのですが………。

只2つだけ、これまでやらなかった事、やってはいけない事を私はしてしまっていました。

それは1) ノースリーブのちょっと気取ったワンピースに12㎝のハイヒールを履いていました。
明らかによそ者の装い。観光客ですよ~、すきがありますよ~ってアピールしてる感じ。
その2) バックの形。物が見えやすく、軽いものなら落としやすそうなバックなのです。
日本にいる時でさえこれを持つ時はかなり気を使います。ですから今回もパスポートは
化粧ポーチの中へ(重いものと一緒なら落とす事はないかと)入れていました。
幸いお財布がとられなくて良かったと不幸中の幸いだと思っています。

”自分は大丈夫だ”という過信が私の中にありました。それが悪い! 私の過ちでした。、

ですが敢えて前向きな話に持っていくとすれば、新しく買ったデジカメがすごくいいのです!!
”CANON Power Shot SX 230 HS” 簡単操作で、fnac で買ったので、説明書は
フランス語、イタリア語、他2ヶ国語(英語なし)..でしたが、カメラ本体に言語を選ぶセッティングが
あって、日本語を選ばせて頂きましたあ~。←かなり喜んでいます。

以上、今日は盗難のご報告のみになってしまいましたが、日本が恋しくなったもろもろの理由と
今回の盗難とは直接的にはあまり関連はありません。間接的に結びつく話は後日改めて
お話します。引ったくりや盗難にあって、せっかくの旅行が大無しになっては大変ですから
皆さん、くれぐれもバックには注意して下さいね。

警察で書いてくれた盗難証明書。
6区はサンシュルピス教会の前の広場、通りを隔てた角にあります。
書類を作成した警察官の方はとても親切で良い方でした。

盗難証明_copy

これが噂のバック。下げているとこんな風に口がふさがるので問題ないのですが、

バッグ1_copy

置くとこうなります。ファスナーが最後まで届いていないので、両脇から
中の物が見えてしまいます。

バッグ2_copy

今の私にぴったりなショット。(ロダン美術館、庭にある世界的に有名な”考える人”)

考える人_copy

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: コラム   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>