“好きな理由”を挙げているようじゃ恋じゃない!…….納得

パリで友人に会った。私より7歳年上のパリ在住の日本女性。
頻繁にメールのやり取りをする訳でもなく、そんなに親しい訳ではない。
でも彼女に会うと、私は彼女の事を好きだな~と思う。
お互い正直に思っている事を言い合える。彼女は強い女性という印象がある。
女が一人でパリで生きているのだから、確かに弱い訳はないけれど、彼女の潔さが好きだ。
どこかかわいいところがあって、素直だと思う。この前会った時より若干太ったように思えて、
「少し太った?」と私。「今彼氏はいないし、欲しくないしね。食べる事が楽しみでさ。太ったよ。
見せないとなるとだめだね~。」っと。私は大笑いした。彼女、変わったかな?
世界のトップクラスの男性を見てきた彼女は、今更そこいらの男性は相手にしたくないし
ピンとこないらしい。

私は最近トキメキを感じない。
トキメキって未婚既婚にかかわらず大切な感情だと思う。
高校生の時はチャールス・ブロンソンが好きだった。(笑わないで!)
元来男らしい人が好きだ。強くて頼りがいがあって私を敵から守ってくれそうな人。
マッチョ系?(これってもう死語かな?) 鉄人28号とか….笑(年がばれる)
韓流スターの追っかけができる人の、あの“トキメキ度”がちょっと羨ましい。

南仏在住の友人で7歳年上のフランス人男性。
パリに用事で来るので、せっかくだから私に会いたいという事で、彼が予約したレストランで食事。
楽しくおしゃべりし、帰りは私のアパートまで送ってくれた。1区から6区まで歩いた。
遅い時間だったけど、カフェの賑わいは耳に心地よかったし、夜のライトに照らされたノートルダム寺院は
荘厳だった。
セーヌ川に架かる橋はきらきら美しく、淡い光に映し出されたコンシェルジュリーは王宮そのものだった。
恋人同士ならもう最高のシチュエーション!流石パリだ。

彼は、スキー、テニス、ゴルフ、セーリング等をこなすかなりのスポーツマン。好感が持てる人だ。
そんな話を彼女にした。「…………彼と夜道をずっと歩いていてもドキッともハラッも全く感じなかったけど、
彼はスポーツ万能で、ゴルフやテニスを一緒にプレーしたら楽しそう。スキーだって教えてくれそうだし、
人柄も良さそうで、………..」ここで、彼女のストップが入った。
「あのね~、なんだか自分を納得させてない?いろんな理由を挙げてさ。ときめかない、でも!○×○×○……
……….納得させるようじゃだめなのよね~。」なるほどと思った。
トキメキを感じない私は、「ときめこう!」と頭で考えていた。
“ドキッ”や“ハラッ”は感情だ。感情は頭で考えるものではない。

そうだ、別のトキメキがあった!美味しい料理を作ったり(食べたり)好きな本や音楽にに囲まれたり、
ガーデニングをしたり、………世の中が混迷を極める今、こんなトキメキを持てるだけで幸せなんだ……..
又自分を納得させる私がいる。笑

ノートルダム寺院。シテ島にあるゴシック建築を代表する建物ですね。
1991年ユネスコの世界遺産に登録されています。

ノートルダム寺院_copy

こちらからのノートルダム寺院が好きです。夕日に染まって本当に美しかったです。
ず~っと見ていました。ノートルダム、フランス語で「我らが貴婦人」マリア様のことですね。

ノートルダム寺院1_copy

夜はは全く別の顔をみせてくれます。ちょっと近寄りがたいような…………

ノートルダム寺院2_copy

パリが観光地だと実感させられる光景です。恋人達の思いが伝わるようです。

鍵_copy

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: コラム   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>