たった一言が……

アルマーニブランドについてご紹介する予定でしたが、どうしても心に引っかかって
いる事があって、お話したいな~と思うので、今日はそのことについて。

日本の自宅にいられる時は毎朝欠かさず、御仏壇にいつものお供えをした後、お祈りをして、
亡くなった祖父母、両親に話しかけたり、勝手な願い事をしたり、と、この時間は私にとって
楽しみな時間です。そんな私の毎朝ですが、座る私の右手にお寺のご住職から毎年頂く
月めくりのカレンダーが掛かっています。

細長いカレンダーのほとんどのスペースを割いて、メッセージというのでしょうか、
標語といった方が適切な表現でしょうね。挿絵と一緒に文章が書かれています。
頂いたらすぐ、1月から12月までの標語に一気に目を通します。(らしいでしょ、笑)

2012年の11月の標語に思わず唸りました。”ドキッとした”と言った方が当たってるかな?
その言葉、私にある苦い経験を思い出させました。それは、
「たった一言が居場所となり、たった一言が居場所を奪う」 です。

海外で暮らしている人だけでなく、日本に居ても、例えば、知らない土地に引っ越してきて、
うまく地域になじめるかどうか不安な時に、たった一言かけてもらった言葉の暖かさに、
不安も一気に飛んで、むしろ、「この町大好き! ここで良かった。」と思う事も。

その逆はというと…….悲惨ですよね。
私もずっと好きだった町を離れた事がありますが、私から居場所を奪ったその原因は
まさにある人が発した「たった一言」でした。

私達は皆誰でもそんなに強くない。言葉を発して人の居場所を奪った人だって
強くはないはずなのです。そういう私だって、知らないうちにその”たった一言”を
発して、人から居場所を奪った事があったかもしれません。

”言葉”というものについてこうして改めて考えてみると、言葉はダイヤモンドにも化けられるけど、
刀にもなりうるのだと痛感します。

クリスマスももうすぐですね。そして皆の、世界中の人の今年が終わります。
元旦の願い事……….何かな? 少し早いけど、今考えるとやはりそれは
たくさんの人が幸せに過ごせますように、と、言葉にせよ何にせよ、いつも相手の気持ちを先に
考えてあげられるような、去年より少しだけやさしい自分になれますように、……でしょうか。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: コラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>