ベッカム引退で考えさせられる”その時”

1975年5月2日生まれ38歳のデイヴィッド・ベッカムが2日前に引退を表明。
彼が英スカイスポーツで語った心境は興味深いものでした。
インタビュアーが、マンUでもイングランド代表でも一緒だった、友人の……

G・ネビルだったせいもあってか、とてもリラックスした表情で、冗談も交えながら
明るく率直な気持ちを語る彼の姿はやはり”カッコ良かった!”

彼は、引退の”その時”を以前から決めていたという。
「引退を考えたのは?」の質問に、「メッシに抜かれた時かな?」と冗談っぽく言う彼。
でも、そうだったかも?と思わせた。

それから又「チャンピオンとしてピッチを去りたかった。だから今だと思った。」とも。
米MLSギャラクシーで優勝し、フランスリーグも制覇した事で決断が早まったのでしょうか。
その一方で、”まだトップレベルでプレーできる”という自信もあり、葛藤があった事も
語っていました。

意外だったのは、ベッカムだって”本当は傷ついていたんだ”という事でした。
彼自身「貴公子」と呼ばれる程とびきりのハンサムでしたし、(今もそうですが)
奥様が元スパイスガールのビクトリアという事もあって、プレーそのものより
ファションや私生活の話題に注目が集まって…..確かに色々ありましたよね。

そして結局ベッカムは、長く現役でプレーを続ける事よりも、まだトップ選手である今を
引退の”その時”に選んだのですね。

スポンサー料も含めた彼の去年の収入は、36億3千万円以上で、サッカー選手としては
世界最高額だそうですが、パリSGでの5か月間、400万ポンド?(約5億8千万円)の給与は
受け取らず、全額慈善団体を通して寄付したという事です。
幼いころ貧しかった彼はこれまでも慈善活動に熱心に取り組んでいます。

今後のベッカムの活躍を大いに期待したいところです。

そしてここにもう一人。
ベッカムとは全く対照的。現在46歳。1993年のJリーグ発足当時からプレーを続けている
唯一の選手であり、日本の最年長プロサッカー選手でもある、横浜FC所属の三浦 知良こと
”カズ”にも心からの声援を送りたいと思います。カズにはカズの”その時”があるのですね。

YumiBooks 出版のサッカーの本でも、ベッカムは6ページにわたって
紹介されています。流石に若~~いですね!

ベッカム 1

ベッカム2

ベッカム3

左の写真も右の写真も同じ人。知る人ぞ知る。アルフレッド・デイ・ステファノですね。

ベッカム4

ちょっと宣伝させて下さい!(ドキドキ 笑)これがYumiBookのサッカーの本です。
表紙がまるで本物のボールに触っているかのようにプワプワしています。
本と同じシリーズでメモ帳も販売しています。YumiBooks ウェブサイトで買えます。

http://www.yumibooks.com/shop/products/list.php?category_id=2

今キャンペーン中で、本をご購入の方に、同じシリーズのメモをプレゼントしています。
往年のスタープレーヤーが沢山紹介されていますよ~。

サッカー本とメモ

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: コラム   パーマリンク

ベッカム引退で考えさせられる”その時” への2件のコメント

  1. おじさん より:

    ベッカムさんのデビューの試合の動画、かっこいいですよ。

    https://youtu.be/38PHFfC7pk4

  2. Yumi より:

    動画拝見しました。
    おっしゃるとおり、ベッカム確かにカッコイイですね。
    現在の彼の姿をインターネットで見かける時がありますが、
    年を重ねて、益々素敵な紳士になっているな~と感じますよね。
    見習わなきゃと思います?! :))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>