知性の違いがはっきり見て取れるこの映像、何とかしてこの××!

2017年が始まって今日で10日。今年最初の世界的ニュースはテロだった。
トルコ・イスタンブールの人気ナイトクラブで、一人の襲撃犯が39人を死亡させ、
70人以上の重軽傷者を出したという。つい10日前の事なのに、頻繁に起こるテロのニュースに
聞く側も慣れてきて、段々驚かなくなっていくのではないかと思うと、それが怖い。
それから、ヨーロッパのほぼ全域を襲っている異常寒波も深刻で心配だ。
不安な幕開けとなった2017年だが、そんな中、BBCニュースの映像を見て驚いた。
それは、………….

一つは、その演技力と知性で世界的に著名で、私も大好きな女優の一人である、
メリル・ストリープが、トランプを”痛烈に批判”している映像。
もう一つは、その批判の素となった、トランプの演説の映像だ。

BBCニュースの映像は一部だったので検索してみたら、Youtubeに、全部があった。

ゴールデングローブ賞の「セシル・B/デミル生涯功労賞」を受賞した
メルリ・ストリープの受賞スピーチ。知った顔があちこちに。
スターたちのリアクションも見てとれて、心に響く。

”…ハリウッドにはアウトサイダーや外国人がうようよしています。
だからもしその全員を追い出したら、アメフトと総合格闘技以外、
何も見るものはありませんよ。
マーシャルアーツ(格闘技)と言っても、アーツ(芸術)ではありません。……
そしてこの年もパワフルなパフォーマンスが沢山、沢山あり、そのどれもが
驚くべき情熱的な作品でした。しかし私はこの年、………
…..そのパフォーマンスがあった瞬間とは、
わが国で最も尊敬される地位に就こうとする人物が(名前は出さないけれどトランプの事!)
障害を持つ記者の真似をした時の事です。
特権や権力を持ち、反撃の力も記者より優っている人物です。
それを見た時、私の心が砕けてしまったというか、未だに頭から離れません。
だってそれは、映画の世界じゃないんです。現実の世界の話なのです。
このような衝撃的に人を屈辱するパフォーマンスを、公の舞台に立つ人物、
権力のある人物が演じれば、あらゆる人たちの生活に影響を及ぼし、
他の人達にも、同じ事をしてもいいという、ある種の許可証を与える事になるのです。
軽蔑は軽蔑を招きます。暴力は暴力を扇動します。権力者が立場を使って弱い者いじめをすると、
私たちは全員負けてしまいます。……”

これがトランプが障害のある記者の真似をした映像

トランプはメルリ・ストリープのこの発言に対して、Twitterで即反論!

Donald J. Trump ✔ @realDonaldTrump
Meryl Streep, one of the most over-rated actresses in Hollywood, doesn’t know me
but attacked last night at the Golden Globes. She is a…..
Hillary flunky who lost big. For the 100th time, I never “mocked” a disabled reporter
(would never do that) but simply showed him…….
“groveling” when he totally changed a 16 year old story that he had written in order to
make me look bad. Just more very dishonest media!

(メリル・ストリープは、ハリウッドで最も過大評価された女優の一人で、私のことをよく知らない。
それなのに、昨夜のゴールデン・グローブ授賞式で、私を攻撃した。彼女は……
大敗したヒラリーの取り巻きだ。もう100回くらいは言っているが、私は決して障害のある記者を
「からかって真似をする」ことはしていない(決してそうするつもりはなかった)
私はただ彼を”卑屈”に見せようとしただけだ。
彼は私を悪く見せようとして16年前に書いた記事を完全に変えたんだ。
なんて不誠実なメディアだ!)

障害のある記者の事についての話題に注目が集まっているようですが、
メルリ・ストリープはスピーチの後半で、弱い物いじめのこの話は、記者にもつながる事で、
”いかなる攻撃があっても、権力者たちを批判する信念のある記者が必要だ”と、
”だから建国の父たちは報道の自由を憲法に記した”とも語っていて、
ジャーナリスト保護委員会への支援を訴えている。
スピーチの最後は、先日亡くなったレイア姫役のキャリー・フィッシャーの言葉で締めくくった。

彼女のスピーチに対して「よくぞ言ってくれた!」「流石だ!」といった声が大半な中、
異を唱える人がいるのも現実だ。だからトランプが当選したのだろう。
アメリカと言う国の複雑さが見えてくるようでもある。
時折声を詰まらせながらの彼女のスピーチに私は感動したし、最後に友人を追悼しているところも
思いやりのあるメリル・ストリープらしいと思った。

兎に角、二つの映像を見比べてみれば、知識や教養、人間性の違いが、又、本物と偽物の違いが
誰の目にも明らかだと思うのは、私だけではないはず。
就任前にこれだもの。あ~これから4年間、皆、振り回される事必至だ。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: コラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>