椎茸と景色が素晴らしいレストラン!

今日はフレンチレストランに於ける日本食材のお話と、景色と雰囲気が素晴らしいレストランのご紹介です。

日本できちんとしたレストランでフレンチを食べるとなると、コース料理だけでおよそ1万円、ワインをプラスして1万5千円、
こんな感じが平均でしょうか。 もちろん中華、イタリアン、和食でも、このくらいの料金のレストランもあれば、3万円以上
といったレストランもあるでしょうから、そこのところは了解して下さいね。

最近、日本食材がフレンチレストランのメニューに登場してきています。例えば、……………

椎茸。メニューにも “shitake” と書いてあったのには驚きました。

それから野菜や魚の名前はフランス語で書かれていて、”~の天ぷら” ここにも “tenpura” の文字が。

そう言えば少し前ですが、フレンチのシェフが、和食、特に日本のだしやソースを学ぶ為に来日しているとの話もよく聞きました。

日本のフレンチにしても、あちらの素材に和のテイストを加えて、おいしくアレンジされていらっしゃるシェフもたくさんいらっしゃいますね。

初めに日本のフレンチレストランの平均的な料金を書きましたが、ではフランスではどうか言うと、やはりきちんとした(星の数ではなく)レストランでの食事となると、同じくらいか、もう少しかかると思います。

日本ではコース料理と呼びますが、フランスではコース料理の事を、ムニュ(Menu)と言います。

ムニュにはだいたい前菜からメイン、デザートまで含まれていますが、最後のコーヒー紅茶は別です。 一品料理(アラカルト)を頼んでもいいですが、もし前菜、メイン、デザートまで食べるのであれば、最初からムニュにした方がお得です。

私はアペリティフには決まって”キール”か”キールロワイヤル”を頼みますが、この時に出てくるおつまみが、レストランによっていろいろ工夫されていてとてもおいしので、いつもそれを楽しみにしています。

フランスのレストランの好きなところは何と言っても、かなり時間をかけて食事ができる事です。おしゃべりしながら、又は一人でも、本当にゆっくり味わう事ができます。きちんとしたレストランのサービスはさすがにきれいですね。

写真は、トゥーロンにあるペンパンシェ (Les Pins Penchés)というレストランです。ムニュは今は58€と68€があります。このレストランのいい所はその景観の素晴らしさにあります。夏は外、お庭で食べるのが最高ですね。
サービスもきちんとしていました。

032701_copy

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 料理・レストラン   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>