Nice(ニース), お勧めのレストラン!

ニースに旅行されたら、是非行って欲しいレストランをご紹介します。

サナリーからニースまでは車で1時間半から2時間で行けますので、日帰りも可能ですが、今回はコンサートが
夜遅くに行われたので、久しぶりのニースという事もあり、2泊してきました。

夏のニースは相変わらず観光客で賑わっており、不景気なんて関係なさそうでしたが、いろんなショップの人の話では、
”最近はどんな商売もかなり厳しいよ~”とのことでした。

確かに、カジュアルなレストランはノンストップで営業していましたし、セットメニューも以前に比べて低価格だと感じましたね。

では、お勧めのレストランですが、………..

レストランの名前は、” Luc-Salsedo “地元の人や、観光客にも評判という噂を聞き、早速行ってみました。

http://www.restaurant-salsedo.com/fr_FR/

当日予約は無理だろうと思いつつ、でももしかして? と淡い期待をもって電話したところ、「今日は予約で一杯です。」
案の定。で、もうひと押し、「あの~早い時間でもいいのですが、一人なんですけど、何とかなりませんか?」と、ねばる私。
「う~ん、では、7時半からでよければ….」と優しいお答え。うっしっし、…….というわけで、無事予約成功。

まずは、レストランの地図です。Victor Hugo 通りはとても有名な大きい通りなので、すぐわかります。
Victor Hugo とレストランがあるRue Maccarani が交わる角に教会があります。

P1020705_copy

教会の写真です。石でできた教会で、とても目立ってきれいです。

P1020669_copy

この教会の斜め前にレストランがあります。

P1020670_copy

左がオーナーシェフのSalsedo さん。隣はここで働いている金子さんです! まさか日本人の方がいらっしゃるとは、
驚きました。メニューに”Sahimi…..”があったので、その関係? と伺ったら、日本料理とは全く関係なく、
サルセドさんが好きでここにいらしたそうです。金子さんの生き生きした表情が素敵ですね。

P1020672_copy

写真を撮ってもいいですか? と尋ねると快くOkして下さいました。ですが、お隣のテーブルの人と話が弾み、
写真を撮ったのは、前菜とデザートのみというお粗末な事になってしまいました。
前菜と言えば、まるで芸術品のようで驚かされた事も、これまで味わった事がない味に感動した事も何度となくありました。
そんな中で、これは一見、特別には見えません。
どこにでもあるもののようですが、これをスタートとしてキールロワイヤルと一緒に味あうと、本当においしかったです。
どうしてなのかわかりません。どれも普通にあるようなものなのに。

P1020671_copy

デザートはお勧めの、フレンチトースト。いつもデザートは食べきれず(又は手つかず)で残す私ですが、
今回は残さず頂きました。

P1020674_copy

メインは、カモを頂きましたが、これもシンプルで大変おいしかったです。
ワインは一人なので、ボルドーの赤のハーフボトルにしたのですが、きちんとデキャンタしてくれて、
おいしい、いいワインでした。

コースメニューは44ユーロだったと思います。
シェフが各テーブルのお客さんにきちんと挨拶されて、ウエーターさんウェートレスさん共好感が持てました。
メニューは10日ごとに変わるそうです。

シェフの経歴をご紹介:Chef Hervé Kobzi (La Bouride)→Christian Pumail (L’Hostellerie de L’Abbaye)→Daniel Hetlinger (Diamant Rose)→Joel Normand→Alain Ducasse,
Frank Cerruti(Monte-Carlo)→2年間ロンドンのPutney BridgeでシェフAnthony Demetrasの元→Amaud Poete (Eden Roc Cap d’Antibes)→Jean MarcDelacourt(Chateau de la Chevre d’Or)

日本でも有名なシェフの名前がありますね。色々な経験を積まれて、今の場所にご自分の店をもたれて7年だそうです。

正直言って、すごく印象に残った、感動した! というお料理ではありませんでしたが、お店の雰囲気やスタッフ、シェフ、
お料理、ワイン、お値段、そのすべてがとてもバランスがとれていて、楽しく食事ができました。
こういうレストラン、有りそうでなかなかありません。又行きたいと思うレストランであった事は間違いありません。

注:シェフ、Jean-Marc DELACOURT(ジャン-マルク・ドゥラクール)さんは、1998年から、コートダジュール・エズ村の
「シェーブル・ドール」の総料理長として、2000年に待望の二つ星をもたらした人です。

今回は予約がとれなくて行けなかった、松島啓介さんのレストラン、”kEISUKE MATUSHIMA”も近くにありますね。
次回は是非お邪魔したいと思います。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 料理・レストラン   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>