横柄な態度のレストランはボイコットしましょう!

パリへ行ったらレストランだって、日本では味わえない雰囲気なり味なりを期待するものですよね。
ですが最近レストランのサービスが、日を追って低下してきているような気がしてなりません。
特にガイドブックにも出ていて、それなりに名前が通っているようなレストランでその傾向が
強い気がします。

ビストロ級はどうかというと、少人数で切り盛りしているせいか、ちょっとお客が混んでくると
バタバタしすぎて落ち着けない? という感はありますが、それがビストロですからね。
でも相変わらずアットホームで、味も(もちろん良し悪しはありますが)それなりにgoodです!

ミシュラン三ツ星獲得レストラン。
お昼であればという条件付きですが、以前よりリーズナブルなお値段で、雰囲気、味共に
満足のゆく時間を過ごせます。

こう考えると、なまじ中途半端なレストランに行くより、(お勘定決して安くない! )
“主にビストロ、一度は 星有り”とうまく使い分けた方がいいのかも? ですね。
“人気リスト”にあがっているからと、横柄な態度をとっているレストランには本当にムッとします。
にこりともせずメルシーさえ言わない所もありましたね。

不景気はもはや世界中で言える事。
こんな時だからこそ、沢山の選択肢の中からその店を選んでに来てくれた人に、
感謝の気持ちを持って、心のこもったサービスをすべきです。
“人気は努力なしにはいつまでも続かない”という事にも気付くべきですよね。
これから私達も、”不愉快な思いをさせられたレストランにはもう行かない!”
“ボイコットする!” ようにしたらいいと思います。

そのメルシーも言わなかったというレストラン。

レカミエ_copy

外の席とレストラン内の様子です。皆さんきちんとした服装でしたね。

レカミエ3_copy

スフレが有名です。甘くないのもあるのですが、私は甘い方をオーダー。
美味しかったです。

レカミエ2_copy

こちらはホテル「Le Bristol」のミシュラン三ツ星のレストラン。
アミューズも小さな綿菓子が付いていたりして、楽しませてくれました。
これは確か2品目だったと思います。

ブリストル2_copy

デザートです。綺麗! でした~。ガラスのお皿の正面と向こうに見える花弁は、
お皿の中にすでに有るもの。それと同じように花弁をお菓子で作ってありました。
今一番人気のローラン・ジャナンさんがここブリストルのチーフパティシエですね。

ブリストル_copy

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 料理・レストラン   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>