オリーブオイル

今日は、オリーブオイルについてのお話を。

最近日本でも、イタリアンレストランへ行くと、パンと一緒に、必ずと言っていいほどオリーブオイルが出てきますね。
オリーブオイルの種類と言うと、思い浮かぶのは「エキストラヴァージンオリーブオイル」と「ピュアオリーブオイル」ですよね。
でも意外とこのオリーブオイルの違いについては、あまり知られていないように思います。
それから、「エキストラヴァージン」って一体何なのでしょう?

オリーブオイルの主要生産国が加入する協会に、「国際オリーブ協会」(IOC=International Olive Council)
というのがありまして…………….

以下のように細かく規定されています。

1)ヴァージンオリーブオイル:オリーブの実だけを原料とし、化学的な方法や高熱での処理を行わず、他の性質の油を一切含んでいないもの。

又、ヴァージンオリーブオイルは以下の4階級に分かれます。

*エキストラヴァージンオリーブオイル(風味・香りともに完ぺきで、酸度が0.8%以下のもの。)
*ヴァージンオリーブオイル( 風味・香りともに完ぺきで、酸度が2%以下のもの。)
*オーディナリーヴァージンオリーブオイル(風味・香りともに良好で、酸度が3.3%以下のもの。 このまま食用として販売するためには、その国の基準(=日本であればJASにあたる)をクリアしていることが必要。)
*ランパンテヴァージンオリーブオイル(風味に問題があり、酸度が3.3%を超えるもの。ランプ用に使われていたことからこの名がつけられた。食用にはできないため、精製オリーブオイルや工業用油の原料となる。)

2)精製オリーブオイル
ランパンテなどのヴァージンオリーブオイルを精製(脱酸・脱臭・脱色などの処理をすること)したもので、酸度が0.3%以下のもの。

3)オリーブオイル(日本で「ピュアオリーブオイル」と呼ばれているもの)
精製オリーブオイルに 1)のヴァージンオリーブオイル(但しランパンテは除く)をブレンドし、酸度を1%以下にしたもの。

4)オリーブ・ポマス・オイル
工業用であり、食用油ではない。 ただしこれを精製し、酸度を0.3%以下にした場合、その国の基準をクリアしていれば、食用として(もちろん「オリーブオイル」とは名乗れない)販売可能。

日本で販売されている食用オリーブ油は、JASの規定(酸度が2%未満であること)により「エキストラヴァージンオリーブオイル」 と「 ピュアオリーブオイル」です。

お料理の本に、「加熱する時はピュアオリーブオイルで、そのままかけるときにはエキストラヴァージンオリーブオイルで」などと書かれているものを見かけますが、実は、ピュアオリーブオイルより、エキストラヴァージンオリーブオイルのほうが、加熱に対する酸化に強く、味もうんとおいしく仕上げることがわかっています。

ですから、例えば何かソースを作る時は、玉ねぎやニンニクを炒める時点から、エキストラヴァージンオリーブオイルを使って調理すると、それだけでビックリするほど本格的な味になります! 但し、少し低めの温度で調理するのがコツです!

写真はギリシャのクレタ島で買ったオリーブオイルです。

オリーブオイル

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 料理・レストラン   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>