カテゴリー別アーカイブ: 文学・音楽・教養

心打たれる映画”少女ファニーと運命の旅”(Le voyage de Fanny)

映画を見終って一番強く感じた事は、私もきっと子供の頃には持っていたであろう 純粋さや懸命さを、今はもう失くしてしまっている事への恥ずかしさだった。 それと同時に、危険をものともせず、命がけで子供を助けようとする人がいたの … 続きを読む

カテゴリー: コラム, 文学・音楽・教養 | コメントをどうぞ

”2016年ノーベル文学賞「ボブ・ディラン」受賞”にブラボー‼!

スウェーデン・アカデミーのサラ・ダニウス事務局長が、2016年のノーベル文学賞者を 「ボブ・ディラン!」と発表した時、会場に集まっていた記者団が一瞬息を飲んだ後、 ”ウォ~”と言って拍手をした。この様子は世界中に流された … 続きを読む

カテゴリー: コラム, 文学・音楽・教養 | コメントをどうぞ

親日家、94歳の彼の言葉が”心に響く” 素晴らしい!

私はもう長い事、ヴァイオリニストのイツァーク・パールマンのファンだ。 技術的な事はよく分からないが、彼の演奏はとにかく心にしみるのだ。 演奏中の彼の表情からは、心から音楽を愛しているのが読み取れるし、 何より、演奏を楽し … 続きを読む

カテゴリー: 文学・音楽・教養 | コメントをどうぞ

感動のコンサート(Aix-en-Provence)と街の様子

昨日から休みなくミストラルが吹きまくっています。そのせいで暑さが和らいで、 それに強風が新鮮な空気を運んできてくれるので、一日だけなら良いのですが…. 夕方バルコニーで食事をしている人を見たら、セーターを着て … 続きを読む

カテゴリー: 南仏プロヴァンス生活, 文学・音楽・教養 | タグ: | 2件のコメント

”父は誇りを母は優しさを”心温まる映画 プロバンス

今年の南仏は驚くほどお天気が悪いです。 5月も半ば近くというのに、昨日はダウンジャケットが必用な程肌寒かったり、 ここ1週間程は晴れ間が見えません。 只、当たらない天気予報によると(笑)、今週末から晴天になるようですが& … 続きを読む

カテゴリー: 南仏プロヴァンス生活, 文学・音楽・教養 | コメントをどうぞ

クリスマスに是非読み返して欲しい「星の王子さま」(Antoine de Saint-Exupéry)

明日は24日、クリスマスイヴですね。 一年を振り返えれば、胸痛む沢山の出来事がありました。 やりきれない思いを巡らしぼんやり夜空を眺めていた時ふと、幼少期に読んだ 「星の王子さま」(著:アントワーヌ・ド・サンテグジュベリ … 続きを読む

カテゴリー: 文学・音楽・教養 | コメントをどうぞ

エクサンプロバンスの暑い夜!必見!(大野和士さん指揮オペラ、無料で見られるチャンスです!)

7月16日、エクサンプロバンスにて、何と21時30分開演(遅~い)のオペラ、 見て参りました。このオペラは、”Benjamim Britten”とピーター・ピアーズ (ブリトンの生涯のパートナー)が台本を作成したもので、 … 続きを読む

カテゴリー: 文学・音楽・教養 | タグ: | コメントをどうぞ

期待しすぎるのって失礼な事では?

あっという間に8月になり、南仏は雨知らずで暑い毎日が続いています。 大人も子供もみんなしてフランス中バカンスですが、気のせいか、以前のような 狂混雑はしていないような…..不景気の影響はやっぱりあるな~っと感 … 続きを読む

カテゴリー: 文学・音楽・教養 | タグ: | コメントをどうぞ

Andre Kertesz (アンドレ・ケルテス) JEU DE PAUME-Concorde

今日は久しぶりに写真展の話題です。 アンドレ・ケルテスの写真展が行われているジュー・ド・ポーム(Jeu de Paume) は、地下鉄コンコルド駅のすぐ側、 チュルリー公園の中のオランジェリー美術館の反対側にあります。 … 続きを読む

カテゴリー: 文学・音楽・教養 | タグ: | コメントをどうぞ

昔も今もSaint Tropez(サントロペ)は元気です

9月にも半ばになりました。フランスでは長~いバケーションがやっと終わり、皆さん無事仕事に戻った様子です。 ここ南仏も、朝晩、特に夜はかなり冷え込んできました…..が! 例えば先週の日曜日のように風もなく 日中 … 続きを読む

カテゴリー: 文学・音楽・教養 | タグ: | コメントをどうぞ