不思議な体験とイソップ物語

偶然かもしれないのですが、今日とても不思議な体験をしました。

数日前の事です。テラスの床にキリギリスがいるのを発見しました。ここは前に海があるからか、風が強いせいなのか、
蜜蜂以外の昆虫はほとんど見かけないので、なんだかとても嬉しくなりました。

でも動く気配がないのでちょっと触ってみたら、右の前足をどうかしているようでした。このまま床に居たのでは死んでしまうと思い、ラベンダーの茂みにおいてやったんです。その後その事はもうすっかり忘れていたのですが、今日、洗濯物を干そうと
テラスに出たら…………

キリギリスがじっとこちらを見ているではないですか! 今度は床ではなく、テラスのレンガの塀の上です。

逃がしてやった彼(オスという事にして下さい)です、 間違いなく!! だってラベンダーの茂みの石壁を登ると今日いた所に
出ます。暫くお互い見つめあっていました。(笑) その後彼は、足が治った様子をみてくれと言わんばかりに、
壁をよじ登り始めました。

カメラを取りに行って写真撮影が終わるまで居てくれました。どこに行くか見届けたくなかったので、「元気でね!」と声をかけて私は部屋へ戻りましたが、とても感動しました。

時間が少しでもずれていたら会えなかったはずです。そう考えると、”私に元気になった姿を見せに来てくれたのだ”と、
そう思えてしかたありませんでした。

写真はそのキリギリス君。空が写っているでしょう? この壁は90度です。

キリギリス_copy

キリギリスと言えば、イソップ物語の「アリとキリギリス」(「The Ant and the Grasshopper」)のお話が有名ですが、私は小さい頃、イソップ物語とグリム童話の本をよく読んでいました。今思うと、イソップ物語の中には、実に多くの教訓が示されていた事に気付きます。

Story:
夏の間アリたちは、冬に備えて食料を貯める為に働き続けますが、キリギリスは歌を歌ってばかりいて働きません。やがて冬が来て、キリギリスは食べ物を探しますが見つけられず、アリたちに頼んで、食べ物を分けてもらおうとするのですが、「夏には歌っていたんだから、冬には踊ったら?」と断られます。

というのがオリジナルなのですが、それではかわいそうだとういう事になり、ニューバージョンでは………..

アリがキリギリスに食べ物を恵み、「私が夏にせっせと働いていた時、あなたは私の事を笑いましたが、あなたは遊び呆けて何の備えもしなかったから、こうなったのですよ。」とキリギリスに告げる話などに変更されています。

写真はイラストレーターとして有名な、Milo winter 1919 のイラストです。彼は、アラビアンナイト、不思議の国のアリス、
ガリバー旅行記等のイラストも手掛けています。優しさあふれたイラストで、私は彼の大ファンです。

ant-grasshopper_copy

あるウェブサイト(英語)で、この話を今のアジア、ヨーロッパ、アメリカの経済界の様子に引用して解説していました。
面白く読みました。食料を分けてやるのかやらないのか、正解があるのでしょうか。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 文学・音楽・教養   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>