期待しすぎるのって失礼な事では?

あっという間に8月になり、南仏は雨知らずで暑い毎日が続いています。
大人も子供もみんなしてフランス中バカンスですが、気のせいか、以前のような
混雑はしていないような…..不景気の影響はやっぱりあるな~っと感じています。

Aix-en-Provence, Grand Théatreで行われたLondon Symphony Orchestra と 
Renée Fleming のコンサートに行ってきました。
最近、ニースについても書きましたが、久しぶりに訪ねたAixも、街が以前より散らかっている、
そんな感じがしました。ウェイターのサービスも雑と言うか、心がこもってないと言ったらいいのか、
仕方なくやってる感じ。でもこれは多分に、その時がたまたまそうだったのかもしれません。
(そう思いたい! 笑) 

考えてみれば、毎夏いろんな国から山のような人が押し寄せて、時には失礼な事を
言われたりされたり。そんな事が日常茶飯事だろう事は簡単に想像できますから、
イライラするなという方がむしろ無理なお願いかもしれません。

で、コンサートですが、London Symphony Orchestraはやはり聴きごたえがありました。
詳細はこちらで。www.festival-aix.com/fr/node/1992
とにかく広いステージにやっと収まるくらいの大所帯で、それでも各セクションの一人一人が奏でる音源が
一つになって届けられる、素晴らしい演奏でした。

今回私が興味津々で(かなり構えて)、高~い期待をよせていたのが、今や押しも押されもせぬ
スターとなった、アメリカのソプラノ歌手Renée Fleming の歌声でした。
ステージに登場した彼女は評判通り、控えめで知的な感じ、そして本当に綺麗でした。
私のテンションも最高潮! (前列のマダムの眠気←失礼! は一気に冷めて食い入るように見つめて)
そんな中、フランス語で歌い始めました。…..あれ? ….声がでていないような……..
2曲目からはだんだん良くなり、最後は「ブラボー! (ほとんど男性)」で締めくくられました。
ブラボー言いたさでコンサートに行くような私ですが、今回は残念! ノレませんでした。
でも、ノレなかった私自身の反省がありました。

よくありますよね。
「ご主人(奥さん)はジョージクルーニー(アンジェリーナジョリー)みたいにハンサム(セクシー)よ!」
って言われて、頭にインプットされてから会ってみると「どこが?」みたいな事。
(今回のフレミングの歌声の件とは全くレベルが違うので、あくまでジョークなたとえとして)
勝手に思い込んでいる方が悪いのであって、期待しすぎたから起こる結果ですよね。
そういう感情で、たとえ一回にせよ、物事を判断するのは、軽率で失礼な事ではないかと
これまでの自分を反省しました。

フランス人の前でフランス語で歌い通した彼女、あんな難しい曲目を敢えて選んで歌ったフレミングは
やはり素晴らしかった。優しい人柄がにじみでていて、好きになりました。
出来れば、今の私の気持ちで、もう一度あの日に戻りたいと思います。

コンサート開演前の時間をワイン、シャンパーニュ、マカロン等、飲みながらつまみながら
過ごす人々。もちろん私も必ず参加するのぼせもの。プラスチックの容器ながら、
シャンパーニュ8ユーロ、マカロン5種3ユーロなら許される?
(無理して完食したマカロン、美味しかったけど重かったな~笑)
素敵なドレス姿の人が多かったのに、撮影が失礼すぎて躊躇した為、このような結果に。

Aix 1_copy

終演後、あれやこれやとお話が弾んでいるようで。
英語が結構飛び交っていました。今回どうしても撮影できなかったのですが、
本当に素敵なドレス姿のマダム、かっこいいムッシュ、多かったです。
リュベロン近いですからね~。

Aix 3_copy

帰りを急いでいたので、同じような人しか写っていませんが、シアターはこんな感じです。
会場はベストなサイズだと思います。但し、席の間に普通見られる通路がないので、
奥の人が遅れて着席するとなると、「全員起立!!」となるので、着席は早めに!

Aix 2_copy

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 文学・音楽・教養   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>