買う!参加する!支援(New York, Paris)

東日本大震災に対する、各国からの嬉しい支援の報告が毎日のように寄せられています。

New York では、先週の土曜、日曜日の2日間「Fashion Girls For Japan」と題した
チャリティーサンプルセールが、The Bowery Hotel (バワリーホテル) で行われました。

ニューヨークに在住する日本人ファッション関係者が企画し、イベント運営もすべてボランティアで、
又会場となった人気ブティックホテルのバワリーホテルも、場所を無償提供してくれたそうです。

Marc Jacobs(マーク・ジェイコブス)、Alexander Wang(アレキサンダー・ワン)、Helmut Lang
(ヘルムート・ラング)、Cheep Monday(チープマンデー)、Derek Lam(デレク・ラム)、
Thakoon(タクーン)等々……..60以上のブランドが洋服等を寄付。

人気ブランドの服が小売価格の50%off 以上で買えるという事もあってか、朝から入場制限が
行われる程の大盛況で、来場者数は2,500人を超え、2日間の売り上げ総額は約27万$に上ったとか。
売り上げの全額が寄付されるそうです。
New Yorkでは、この他にも大小さまざまなチャリティーイベントが行われています。

Paris でも同じく、在住の日本人が企画、運営して行われた又これから行われる
チャリティーイベントが数多くあります。

そんな中昨日6日、世界でもトップクラスの芸術家が参集した、日本支援公演「ホープジャパン」が、
ジャンゼリゼ劇場(Theatre des Champs-Elyses) で行われました。

*シャンゼリゼ劇場 (Theatre des Champs-Elysees)。 
 名前はシャンゼリゼですが、シャンゼリゼ通りではなく、モンテーニュ通り(Avenue Montaigne)
 沿いにあります。

公演には、クラシック音楽界で最も高い評価を受けているアルゼンチン、ブエノスアイレス出身の
ピアニストMartha Argerich(マルタ・アルゲリッチ)、ブラジル出身のNelson Frire(ネルソン・フレイレ)、
世界最高のオペラ歌手の一人と言われる、Natalie Dessay (ナタリー・デセイ)、
現代バレーの女王と呼ばれる、Sylvie Guillem (シルビー・ギエム)さんらが参加されました。

冒頭の挨拶は高田賢三さん。
又、俳優のLambert Wilson (ランベール・ウィルソン)さんが被災地出身の詩人の作品だと
説明して、宮沢賢治(現、岩手県花巻市生まれ)の「雨ニモマケズ」をフランス語で朗読。
友人の話によると、この時、会場は静まり返ったそうです。
大成功のこの公演。集まった義援金は日本赤十字社に送られるとの事です。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: イベント・お祭り   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>