アダム・スコットとユニクロとグリーンジャケット

14日、アメリカジョージア州のオーガスタGCで行われた男子ゴルフの今季メジャー初戦、
マスターズで、オーストラリア出身のアダム・スコットが初優勝を遂げました。
オーストラリアに初めてのグリーンジャケットがもたらされたのです。
実はこのアダム・スコット、……….………

自身の優勝だけでなく、ユニクロに対しても大貢献する結果となりました。

4月1日付でユニクロの”グローバルブランドアドバイザー”に就任していた彼は、
ツアー中ずっと、ユニクロのポロシャツとパンツを着用して登場していました。
このマスターズを皮切りに、今後すべての大会で、ユニクロのウェアを着て戦う
事となるそうです。

スコットはオーストラリア、アデレイドの出身ですが、当社、Yumi Books の
オリジナル版を出版している、マレーブックスのオフィスは、アデレイドにあります。
アデレイドの町を私も訪ねた事がありますが、とてものどかでのんびりしていました。
市場でのお買い物が楽しかったという思い出があります。

オーストラリアの英雄的なゴルフプレーヤーと言えば、グレグ・ノーマン。
実際スコットも、グレグ・ノーマンに憧れてゴルフを始めたと言われています。
ですがその英雄のノーマンでさえ、”マスターズで優勝まであと一歩!”の所まで行っても、
グリーンジャケットを持ち帰る事はついにできなかったのです。

マスターズの最終日、私もTV観戦できましたが、本当に手に汗握る戦いでした。
スコットは、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)と通算9アンダーで並び、プレーオフに突入。
そして、プレーオフの2ホール目でバーディを沈めて、勝利を収めたのです。

プレーオフに入る前ですが、カブレラがスコットの方を向いて、親指を立てて
”君のショットはGood!” みたいなジェスチャーをしたのに答えて、スコットも
同じように、”あなたも”というジェスチャーを返しました。
こんなメジャーな大会でこういう態度で臨めるカブレラもすごいと思いましたね。
マスターズの試合はいつも私たちに感動のドラマを見せてくれます。

写真は自ら設立した「グレグ・ノーマン財団」に毎年多額の寄付をし、
若い選手の育成に貢献するノーマン。2001年に世界ゴルフ殿堂入りしました。

グレッグノーマン2
(Yumi Books GOLFより)

写真は「キング」こと、アーノルド・パーマー。
現役時代を通して膨大な数のファンを獲得し、その数の多さから、
”アミーズ・アーミー”と呼ばれた。マスターズのキャディーのユニフォームは
今も昔もかわっていません。笑顔が素敵ですね~。

キャディ
(Yumi Books GOLF より)

今日のブログに書いた事、youtubeで紹介してみました。
初めての挑戦なので….”ごめんなさ~い” です。笑

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: イベント・お祭り   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>