やっぱり”パリはパリ”と思わされた日

今日はAix-en-Provenceで公演されるオペラを見に行く予定です。
7月のフランスはジャズ、クラシック、オペラ、その他沢山のイベントが
めじろおしです。海、山といったバケーションの過ごし方だけでなく、
こういったイベントをはしごしたり、ゆっくり参加できるというのも
皆が長いバケーションを待っている理由かもしれません。
所で、7月14日は、

フランス共和国の成立を祝う日 (Fête nationale) でした。
南仏でもそうでしたが、フランス各地で一日中花火が打ちあげられたり、
パリでは軍事パレードが開催されたりと多様な模様がなされます。

そんなパリ、14日夜に開催された”Le Concert De Paris”
フランス2TVで放送された画像を是非ご覧下さい。

http://www.france2.fr/emission/le-concert-de-paris/diffusion-du-14-07-2015-20h56

多くの人が楽しめるようなプログラムの後、30分以上にわたる花火も圧巻でした。
テーマごとに工夫を凝らした花火は、日本の打ち上げ花火とは又違った趣が有りました。
(じっさいTV画面で見るともっと臨場感があります)
色々な問題を抱えるフランス、パリですが、このコンサートの様子を見ると、
やはり”パリはパリ”という思いがしました。

今日は何となく、小さい頃庭で遊んだ花火、特に”線香花火”
最後に”パッパッ”と開いてそれから玉になって、”ポトン”と落ちる………….
そんな風景を懐かしく思い出しています。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: イベント・お祭り   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>