パリのブックフェア サロン・デュ・リーブル

今日は去年パリで行われたブックフェア(Salon du livre)の様子をご紹介します。

私は(株)Yumi Books の代表をしております関係上、去年はパリ、ロンドン、ボローニャ(イタリア)、とブックフェアの視察に行ってきました。その後、うちの会社も第16回東京国際ブックフェアに本を出品しました。

東京も含めて4ヶ所のブックフェアを経験したわけですが、それぞれ、国によって全く違うな~というのが正直な感想です。
まずパリですが、流石フランスだな~と思ったのは……….

ある出版社(各ブースに分かれています)は、本を見せる、売るというのはさておき、シャンパンパーティーですでに盛り上がっておりました。もちろん招待者だけすよ。(私もシャンパン頂きたかったな~。おつまみもおいしそうでしたし。あっ、いけませんいつものくせが….)

では特色あるブースをご紹介します。まず一枚目、作家の顔写真をディスプレーにして。

顔写真

この地球儀、かなり目立っていました。「場所はどこ?」「地球儀があるからすぐわかるよ!」って具合に。

地球儀

猫?このブースは高額なレア本を扱っていました。現存するのは10冊だけとか、これが最後の1冊だとか。ちなみにこの猫の本は、表紙が木でできています。丸くくりぬいてある所から猫の顔がのぞいているわけです。

レア本

右端の本の表紙は皮でできていて、中央はステンドグラスです。価格は60万円ほどしていました!!

表紙

その本の中身はこのようになっています。

中身

Yumi Books と同じ本を、フランスでは、Grund という出版社がフランス語で出版しています。かなり大きい出版社で、フランスではよく売れています。

出版社

本の陳列はこんな具合です。Yumi Books の日本語版をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。YumiBooksの

本

昔ながらの印刷の紹介がありました。インクのにおいが懐かしいような、素敵なパフォーマンスでした。

印刷

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: イベント・お祭り   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>