さすが 一流デザイナー、その実力!(ヴェルサイユで開催)

11日日曜日、ヴェルサイユ宮殿へ行ってきました。
私がここを初めて訪れたのは、24歳の時だったと思います。
あれから30年以上たっての(計算しないで! 笑)2度目の訪問となりました。
やはりヴェルサイユはヴェルサイユ、息をのむ美しさがありますね。

ヴェルサイユ宮殿の話題はのちほどお届けするとして、今日は7月8日から10月9日まで、
大トリアノン(Grand Trianon)で開催されている、一流デザイナーによる18世紀ファッションの
回顧展、そのファッションをご紹介します。

とは言っても、ヴェルサイユ宮殿内に入るにしても、ここトリアノンにしても、持ち物検査があり、
只でさえ長い列ができるエントランスに、”本当に入れるのかしら?”という程の人が並びました。
待ちましたよ~。それにトリアノンは撮影禁止でしたので、これからご紹介する写真は
パンフレットにあるのを撮影したものです。

これがこの日のヴェルサイユ。前日と打って変わって雨。ついてない!
まだ”傘を持っていっていただけラッキーだった”とあくまでポジティブに …..

ヴェルサイユ1_copy

ヴェルサイユ2 (2)_copy

左:GIVENCHY PAR ALEXANDER MCQUEEN(ジバンシー、アレクサンダーマックイーン)
右:VIVIENNE WESTWOOD (ビビアンウエストウッド)

fashion 1_copy

全面:CHANEL PAR KARL LAGERFELD(シャネル、カールラガーフェルド)

fashion 2_copy

左:BALENCIAGA PAR NICOLAS GHESQUIRE (バレンシアガ、ニコラスゲスキエール)
右:AZZEDINE ALAIA (アズディンアライア)

fashion 3_copy

全面:MAISON CHRISTIAN DIOR (メゾン、クリスチャンディオール)

fashion 4_copy

左:YOHJI YAMAMOTO (ヨージヤマモト)
右:ROCHAS PAR OLIVIER THEYSKENS (ロシャス、オリビエティスケンス)

fashion 5_copy

全面:JEAN PALL GAULTIER (ジャンポールゴルティエ)

fashion 6_copy

全面:CHRISTIAN LACROIX (クリスチャンラクロア)

fashion 7_copy

実際はもっとたく沢山の衣装が展示されていましたが、(コムでギャルソンもありました。)
パンフレットにある主だっ衣装はこんな感じです。写真は光って見えにくいですが、実際は
もっと本当に美しかったです。プレタポルテではこのデザイナーの服は好きじゃないとか、
着れないよね~とかいろいろ思いますが、今回この衣装を見て、どのデザイナーもメゾンも
流石だと実感しました。着てみたい~~~。笑 皆さんは誰の衣装がお好きですか?

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: アート・ファッション   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>