価値ある素晴らしい体験!! 必訪です!!

この地を訪れるのは2度目ですが、初めて来た時と比較すると、今回の体験は
「素晴らしい!ずっとここにいたい!」と思わせる程の感動がありました。
それは、レ・ボー・ド・プロヴァンス村のイベント会場、旧石切り場の
”カリエール・ド・リュミエール”で開催されている……………….

近代絵画の巨匠16人の作品の紹介です。
絵画の紹介と言っても実際の作品をここへ持ってきて美術館のように
展示するのとは全く違って、石切り場の壁が巨大なスクリーンとなって、
そこに次々と彼らの作品が映し出されるのです。

こんな感じです。
(写真撮影禁止です!フラッシュが映像の邪魔をするから当然ですね。)
今回だけ、ごめんなさい。m(_ _)m

Photo

私の写真では感動がいまいち伝わらないので、これを。
壁の横に立つ人の大きさにと比べてみて下さいね。

Photo 1

印象派のモネとルノワール、点描派のシニャックとクロス、フォーヴィスムのカモワン、
ドラン、…………………….そしてマティスの作品と続きます。

シャガールの作品はどれも同じようで、(ヤギとカップルが空を飛んでる)個人的には
あんまり好きではなかったのですが、この壁に映し出された彼の作品は、その色も描写も
はっとするような素晴らしい物がありました。絵画からは感じとれない感動があり、
私の美術に対する目がいかに貧しいかと、深く反省させられました。

資料によると、100台のビデオプロ ジェクターを用いて7,000㎡もの広さの会場に
3,000点のイメージが投射され、音楽も26ものスピーカーから流されているそうです。
イメージの投射の美しさだけでなく、イメージと音楽が素晴らしくマッチしていると
感じましたし、この企画を考えた人達、その技術力の高さにも驚かされました。

まるで自分が芸術の海、海底深く沈んでいるような体感があり、”ずっとこのまま沈んでいたい”
こんな感動を覚えたのは久しぶりでした。

ここがCarrières de Lumièresのサイトです。

http://www.carrieres-lumieres.com/fr/home

この石切り場で撮影されたという、ジャンコクトーのフィルムも上映されています。
コクトー本人にピカソやユルブリンナーも登場していて面白いフィルムでした。

Photo 3

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: アート・ファッション   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>