南仏ニース ホテルネグレスコのナナ(ニキ・ド・サンファル)

今日はニキドサンファルについてお話します。

ニキ・ド・サンファル(Niki de Saint Phalle) は1930年10月29日パリに生まれます。母親はフランス人、父親はアメリカ人で、3才の時に家族そろってアメリカに移住し、学生時代からモデルとして活躍します。19才の時に両親の反対を押し切って(半ば駆け落ち?)最初の結婚をしますが、1960年、30才で離婚します。

離婚後、ジャン・ティンゲリーと暮らすようになったニキは、1961年に「射撃絵画」の発表で、一躍ヌーヴォー・レアリスムの重要なメンバーと認められるようになります。センセーショナルなデビューを果たしたニキでしたが………………

「射撃絵画」からは急速にはなれ、立体作品に傾斜しはじめます。

1965年、パリで最初の「ナナ」が展示されます。いびつに太った大柄女性が踊っているかのような、風変わりな形は、友人の妊婦の姿からヒントを得たとされています。そのユニークなフォルムは、原色を多用した斬新な色とともに、その後のニキのトレードマークとなり、世界各国の広場などに設置されています。

1982年には、ポンピドゥー・センターのとなりにある、ストラヴィンスキー広場の「自動人形の噴水」をティンゲリー(スイスの画家、ニキの2番目の夫でもあります)と共作します。そして、2002年にサンディエゴで、71歳で亡くなっています。

写真は南仏ニースにあるホテルネグレスコ、その一階の大広間奥にあるナナちゃんです。正面玄関横にもナナちゃんはいます。

ニキドサンファール021701_copy

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: アート・ファッション   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>