カンボジア、シェムリアップ(Siem Reap)

2月12日夜、カンボジアのシェムリアップに到着して、もうすぐ一週間になろうとしています。
旅程は、大韓航空利用で、福岡→ソウル(インチョン)→シェムリアップとしました。
滞在は3週間の予定でスタートしました。

雪が舞う福岡空港、晴天でしたが-2℃のインチョン、到着したシェムリアップは30℃はありました。
久しぶりに”む~”とする蒸し暑さを感じましたね。

今、たくさん写真を撮りためていますので、少しずつご紹介したいと思います。

今日はまず、私が泊まっているホテルの御紹介から。
長期滞在ですから、経済的な面も考えないといけませんが、長期だからこそ快適にも過ごしたい。
友人お勧めのホテル、3星のようですが、宿泊料が一泊何と!………….

$35! 朝食も込みです! 
ネットで検索すると安いところでは$29となっているサイトがありましたが、税金他が別なので、
結局$35になります。長期だとこれから少し割り引いてもくれます。(交渉次第かな?)

では早速一枚目から………

今いる2階の部屋です。部屋のサイズはほとんどこれと同じで、ベットがWか、ツインかに分かれるようです。
最初の2日間は1階のプールサイドでツインでしたが、私は2階で広いベットの方が好きですね。
カンボジアらしいコーディネイトですよね。

rooom 1_copy

入り口で靴を脱ぐようになっています。ビーチサンダルが置いてあるのですが、
私は持参したスリッパを履いています。ござも使いようによっては便利です。
(座ってヨガとか…….座って爪を切るとか? 笑 )

room2_copy

4星以上のホテルでは、もうこれはないと思うのですが、(プーケットでもヒルトンは普通でした)
ここでは、手動のウォシュレットというか、これで洗ってトイレットペーパーは流さず、屑籠へ。
排水がペーパーで詰まるせいですね。暖かい国だから温水でなくてもいいんですね。
ヨーロッパのホテルでウォシュレットがないのなら、私はむしろこっちの方が好きです。

toilet_copy

1階にあるプール。このホテルはヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ)からの人が多いみたいです。
ビーチチェアに寝転んで本を読んでいる人が多いです。彼らのお決まりのパターン。
私はと言えば、スイミングキャップにゴーグル姿(水着はビキニ)で、ターンターンを繰り返し、
ひたすら泳ぎます。そしてさっさと上がります。お決まりの日本風? 笑

pool_copy

きれいな庭もあっていつも手入れされていて、気持ちがいいです。
私の部屋から手が届きそうな所にもマンゴーがぶら下がっていますが手は届きません。残念!
写真はレストランエリア近くのマンゴーの木。

マンゴー_copy

バナナはこんな風。

banana_copy

ジャックフルーツ。日本ではあまり有名ではないのでは? この果物は何と1m!の大きさにもなるそうで、
実際にそれを見た友人が驚いていました。私も売っている所に行って写真撮って来ます!

ジャックフルーツ_copy

一応セキュリティーガードがいます。それに夜遅くはこのゲートが閉まります。
シェムリアップは全体的に治安はいいように思います。

gate_copy

道路事情は一部を除いてまだまだ未舗装です。このホテルの前はこんな赤土の道路。
メインストリートや5星ホテルがあるあたりを除いては、まだまだ道は悪いです。

rode_copy

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 諸外国滞在   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>