見た目新鮮!何でも有り?

シェムリアップのピークシーズンは1月なんだそうで、街は相変わらず活気に満ちています。
でも去年よりは(去年は2月でしたが)そこまで人、人、人で溢れていない気がしていますが、
それはたぶん私がまだ、夜のパフストリートに出かけていないからでしょうね。
昼間は旅行者のほとんどが観光に出かけて、街をお留守にしていますからね。

さて、今日ご紹介するのはオールドマーケット内、生鮮パート。朝早くに出かけてみました。
気温が上がってくると市場内は強烈な臭いがして、

慣れていない私達には、正直、ちょっと厳しいのでは….と。

今回私が買ったのは野菜のみですが、生鮮パートには、地元の人以外では私だけ
しか見かけませんでした。価格ももちろん外国人向けでしたね。5倍以上?
日本、アメリカ、ヨーロッパ、….どの国から来たとしても、カンボジアの価格は
自分の国よりかなり安く感じるので、俗に言う「ぼられた~!」んだとしても、
そこまでピント来ないのが実情です。(平均月給6,7千円)
*去年のブログに各国の月収を比較した記事を書いています。

http://www.yumibooks.com/blog/foreign/3141.html

それに、「ま、いいか。そんなに目くじら立てなくても」という気持ちが
私達のどこかにあるのでしょうね。特に日本人は…..そんな気がします。

では、市場の様子。

日本にあるものはほぼここにもありましたし、ズッキーニ等も買えました。

市場1_copy

ソーセージがこんな風に売られているのはヨーロッパ風かな?

市場2_copy

モツですね。

市場4_copy

え~っと、豚の頭もまんまで。スペアリブ、日本より簡単に買えますね。

市場3_copy

この足が圧巻で。なんというか、その~。

市場6_copy

この魚、桶から飛び出してました。

市場5_copy

エビなどは沢山の氷の上に並べて売ってあって、鮮度はきちんと保たれていました。

毎回レストランで食事というのも、物価が安いここでは可能ですが、それでも
長期滞在となると、経済的にも胃袋的にも限界がありますので、自炊も必要です。
ですが今度は、それ用に調味料をあれこれ買って、慣れないキッチンで本格的に
料理をするというのも、これまた結構ストレスがあり、コストもかかるんですよね~。

うまくバランスを取るという事はどんな事でもたやすくない?ですね。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 諸外国滞在   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>