訪れる価値ある”ボケリア”市場

バルセロナはとても魅力のある都市の一つですね。
どこの都市を旅行しても同じ事が言えるのかもしれませんが、
主だった所の観光を一通り終えた後は、住人と同じような生活を
してみたいと思いますよね。
コンサートへ行ったり、バルを楽しんだり、市場へ行ったり等々……

今回ご紹介する市場は、バルセロナの中心、最も観光客で賑わう通り
ランブラスにあるボケリア(La Boqueria)市場です。
ボケリアとはスペイン語で”胃袋”という意味らしいので、
ぴったりなネーミングですよね。

実は市場の場所が泊まったホテルのすぐ側だった事と、家への帰宅が
遅くなると思ったので、ここでお買い物を済ませておこうと思って出かけたのです。

予想はしていましたが、人、人、人、…で身動きできない程混雑していました。
ですが流石スペイン、色彩がとっても豊か!
世界中から取り寄せた果物の鮮やかな色が一役買っていたようです。
陳列も日本と同じように綺麗に盛って飾ってありました。

これまでに食べた事がない南国のフルーツがあったので、
買ってみました。:))

フルーツ

夏場はジュース、売れるでしょうね~。

ジュース

写真はナッツの例ですが、例えば、キノコを売っている店だと、日本の生シイタケや
きくらげ等多種多様そろえてあって、分かり易く、お買い物もしやすいと思います。

ナッツ

おつまみや軽食が出来るカウンターもありました。

軽食

奥へ進むと鮮魚店が集まっていました。
まるで日本にいるかのよう。アラカブやイカ、亀の手まで売っていました。
すご~く新鮮!お値段、若干高めかな?

魚屋

圧巻のイベリコ豚販売店の写真が撮れませんでした。代わりにこれを。
前回お安く購入したイベリコ豚が美味しかったので、さらなる期待を込めて、
今回は超奮発して、”ハモン・デ・ベジョータ・イベリコ”を。
4倍以上の値段の差!…….正直、う~ん…;((

イベリコ

ボケリア市場では、地元の人と見受けられる方はほんの数名でした。
殆んどが観光客。フランス語が良く聞こえてきたので、「”食”とあらば
フランス人多しだな~」っと納得。

おまけです。
市場を出た所、マリリンモンローの格好をして、ベランダに立ち踊る女性が……
皆さんカメラに収めていました。「エロティック ミュージアム」とあります。
詳しく知りたい方は検索してみて下さい。(笑)

エロティックミュージーアム

観光客向けかもしれませんが、ボケリア市場は訪れる価値ある市場だと思います。
お薦めです。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 諸外国滞在   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>