リッツカールトン・ミレーニア・シンガポール

今日は節分、明日は立春です。
ですが、寒いですね~。 寒すぎます。気分が華やぐ、暖かな写真を見たくなりました。

せめて写真だけでも。そういう事でパソコンに保存している写真を見ていると、見つけました! シンガポール経由でオーストラリアへ行った時の写真です。

今日はまず、シンガポールのお話から。

去年の2月、ちょうど今頃、仕事でオーストラリアへ行く事に。最近は過去の反省も踏まえて、Hyères-Toulon空港は使わず(国内線ですから、オルリー空港に着きます)もっぱらToulonからTGVでパリCDG駅へ行き、そこから日本へ戻ります。ですが、あの時は(十分わかっていたはずなのに)、Hyères-Toulon 空港を使ったのです。これが悪夢の始まりでした………..

あの日の朝、南仏に雪が降るというめったにない事があり、飛行機は3時間以上遅れました。

猛ダッシュでオルリー空港から、オアシー(CDG 空港)へ行ったのですが、私が乗る予定だったシンガポール行きは、とっくに飛びたった後でした。急いで次の便の手配をしたものの、結局、CDG空港で何と!10時間ちかく過ごさなければならなかったのです。

空港は私のような人たちでごった返し、10時間後の私はまるで、雑巾にでもなったような気がしました。無事シンガポールに着き、予約しておいたホテル、それが、リッツカールトン・ミレーニア・シンガポールでした。エグゼクティブフロアーがとてもお得な料金でしたので、ネット予約していました。

写真は室内です。確か32階以上だったと思いますが、エグゼクティブ階へ行くには、ルームキーをエレベーターのキーホールにささなければいけません。

最近セキュリティー上この方式をとっているホテルが増えましたね。ネット予約の際、多くの質問があったと覚えています。枕の固さはどれくらいを好むかとか、….いろいろあったように思います。窓から見える景色もきれいでした。

ホテル

ほぼ同じ写真ですが、バスルームはこんな感じです。ウェルカムフルーツはもちろん、ベットシーツの取り換えも頻繁にありました。

専用ラウンジには朝食、お昼前の軽いおやつ、お昼(ランチとはうたっていませんが、女性なら、これで十分でした) それからティータイムのおやつ、夕飯(これもディナーとして用意されているわけでないのですが、やはり十分です)夜!(まだあるの?でしょ?)ティー、カクテル等が用意されていました。握り寿司あり、シャンパンあり、とてもサービスが行き届いていました。

専用ラウンジ

ホテルの一階にホテルのレストランがありますが、別に、”白石”というお寿司屋さんがありました。ネタは築地から空輸しているそうで、おいしかったです。

写真はシンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)です。とても広い植物園ですが、自由気ままに散歩できるような、そんなゆったりしたやさしさを感じました。私は夏が大好き、暑さが大好きなので、こういう場所好きですね。

植物園

大きな葉っぱ。グリーンがきれいです。

葉

南国!そんな花ですね。寒い冬に見ると、気持ちが温かくなります。

花

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 諸外国滞在   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>