ツバメの強さに涙した日

ツバメの強さに涙した日の事です。
”ツバメが来ると家に幸せを運んでくる”とよく言われますが、うちのビルの半地下駐車場にも、
ツバメが毎年巣を作って卵をかえし、雛を育てていました。
歴代のツバメ達、すでにある程度完成している巣を修復して使うので、一から作るよりは
楽なようでしたが、どういう訳かここ数年、ツバメはやってきてくれませんでした。
ですが今年、待望のツバメのカップルがやってきて、…………

すごいスピードで巣を修復、継ぎ足し、これまでで一番立派な巣が完成しました。
無事雛も生まれて親達は餌を運び続け、やがて雛が飛び立つのを楽しみにしていた
そんなある日の朝のことです。

突然のカラスのけたたましい鳴き声に驚いて外を見ると、カラスが4,5羽集まって
ツバメの巣のある半地下駐車場を出たり入ったり。「もしかして!!!!」私、走って
駐車場へ駆け込みました。
なんと!!やはり。苦労して作った立派な巣は壊され、かわいい雛はいませんでした。

正直私、涙がでました。ツバメの夫婦は近くの電線にただ止まっていました。
ツバメが戻ってきた今年は、 車を動かす時にはなるべく静かに、それからあんまり巣を
覗かないよう、等々….気にかけていただけに、カラスギャングの襲撃は、かなり
ショックでした。なんだか幸せが遠のいたような、そんな気持ちがしました。

これが壊されたツバメの巣。
表からは見えないのにどうしてカラスが気づいたのでしょうか。
たぶん、ツバメが頻繁に出入りするのを見ていたのでしょうね。
但しこの巣は、入り口正面裏で、カラスがホバーリングできる位置にあります。

ツバメ 旧

これを最後にツバメはもうここには戻ってきてくれないだろうな~と思っていたところ、
カラスの襲撃から僅か2日後くらいに、例のツバメのカップルが、又、半地下駐車場を
出たり入ったりしている事に気が付きました。
壊された巣の右奥、それも蛍光灯と天井の僅かな隙間に、今度は一から巣を作り始めていました。
修復継ぎ足しとは違うので、少し時間がかかったようですが、それでも頑張って
立派な巣を完成させました。

これが新しい巣。
ここならカラスに発見される可能性はまずありませんし、カラスがホバーリングできません。

ツバメの巣新

私、もう嬉しくて。ツバメ夫婦の諦めない強さ。”泣いてる暇はないよ、次に進まなくちゃ”
そう言っているような気がしました。又幸せが戻ってきたような、そんな感動がありました。
その後、コンクリートの地面にウズラの卵大の殻が落ちているのを発見。

これです。

卵の殻

で、これが昨日の写真です。ipad で撮ったので、分かりずらいですが、
雛が見えますか? つばが黄色の黒い帽子をかぶったような、…..ねっ!
かわいい!! ちょっと手を挙げると親が餌を運んできたと勘違いして、
口をいっぱいに開けます。かわいそうなので、一回だけにしました。

ツバメひな

弱肉強食、こんな事は日常茶判事と言えばそれまでですが、諦めずに又一からやり直す。
それもすぐ。そしてとても賢く。やり遂げる。
久しぶりに泣いたり笑ったりさせてもらって、いい思い出になりました。
皆元気で飛び立って、又来年戻ってきてね。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 日本滞在   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>