坂本龍馬とトーマス・ブレーク・グラバー

今日は今話題になっている坂本龍馬についてお話します。

龍馬は、天保6年11月15日(1836年1月3日)に生まれ、 慶応3年11月15日(1867年12月10日)に亡くなります。高知、土佐藩の郷士で、明治維新に影響を与えた政治家としても、又グラバー商会(ジャーディン・マセソンの日本代理販売店)代理人として武器輸入に関わった実業家でもあります。

土佐藩脱藩後、龍馬は…………….

貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中(後の海援隊)を結成したり、薩長連合の斡旋、又、大政奉還の成立に尽力するなど、志士として活動しました。しかし、龍馬は生前よりも死後に有名になったと言われています。特に司馬遼太郎の小説『竜馬がゆく』の主人公とされて以来は彼は、国民的人気を誇っているといってもいいでしょう。

トーマス・ブレーク・グラバーは、1859年、上海に渡り「ジャーディン・マセソン商会」に入社後、開港後まもない長崎に移り、2年後に「ジャーディン・マセソン商会」の長崎代理店としてグラバー商会を設立し、貿易業を営みます。当初は生糸や茶の輸出を中心として扱ったいましたが、八月十八日の政変後の政治的混乱に着目して、薩摩・長州・土佐ら討幕派を支援し、武器や弾薬を販売し、亀山社中とも取引をします。

この二人の接点はあまり注目されなかったようですが、歴史上、とても重要な事だと思います。

写真は陶器できたお酒入れ?龍馬はこの写真を使われる事が多いですね。

021604_copy

マグカップが売られていました。う~んやはり西郷隆盛さんは外せませんよね~。

021602_copy

陶器でできた人物紹介! どなたがお好きですか?

021603_copy

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 日本滞在   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>