素早い処置、夏、真っ盛りの南仏

夕方のことでした。
私の所に遊びに来ていた友人と、テラスで軽い食事を始めて5分もたたないうちに、”バン!”と大きい音がしました。

何度か聞いたことがある、聞き覚えのある音で、すぐに”車の事故だ”と思いました。
テラスから下を覗いてみると、倒れたバイクからガソリンが流れ出して、男性が腕を押えていました。

車を運転していた男性とちょっとした口論も聞こえてきて、”口論する元気があるという事は、男性の怪我は大した事
なかったんだ”と、取りあえず一安心した私でした。
事故のあった場所が、たまたまブーランジュリー(boulangerie=パン屋)の前だった事もラッキーでしたね。

ちょうどバケットがない事に気がついた私は、お隣のブランジュリーに買いに行くと、…………

お店の人が、怪我をした男性の腕を冷やしてあげるべく氷を用意していました。
パンを買ってテラスに戻ると、なぜか消防自動車がサイレンを鳴らして2台到着したのです。 早い!

オレンジの傘がパン屋さん。その前に見えるのが、最初に到着した消防車2台です。

P1020617_copy

程なく、今度はさらに大きい消防車が到着! 3台目!? 消防車は voiture de pompiers (ポンピエ)と呼びます。
火事でもないのに3台の消防車は、ちょっと大袈裟では…….と思っていると……..

P1020615_copy

3台目の消防車から降りた消防士が、こぼれたガソリンの上にさっと砂をまいて、処理を始めました。
3台目の消防車が到着したのとほぼ同時に、パトカーも到着。ポリスが交通整理をして、処理はすぐ終了。
とっても素早い処理でしたね~。何でもゆっくりの南仏ですが、今回の手際の良さには拍手です!
でも、男性の怪我が大したことがなくて本当に良かったです。

P1020616_copy

このサイズのプライベートボートは流石に初めて見ました。
3,4日停泊していましたが、ここに停泊して何をしたのでしょうか? う~ん。うなるしかありません。笑

P1020618_copy

かなり遠くに青とオレンジの光が見えるのがカジノです。バンドールでは夜、毎日何がしかのイベントが行われていますが、
今日も町の方から、ディスコミュージックが聞こえています。まさに夏、真っ盛りの南仏です!

P1020622_copy

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 南仏プロヴァンス生活   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>