6月21日のNice(ニース)、天気、レストラン、感じた事

九州の大雨による被害の事、インターネットで知って心配です。
どうか大きな被害が出ませんように…………只祈るのみです。
気象、政治、経済、多少の問題はあってもそれなりに何とか噛み合って動いていたはずの歯車が、
世界中で大きくづれていっているような、そんな不安をひしひしと感じるこの頃です。

仕事とプラベートを兼ねてニースへ行ってきました。
お天気は完璧な晴れ。めったに暑いとは言わない私ですが、本当に暑かったです。

Nice一のショッピングセンター「Nice Etoile(ニースエトワール)」の前。
平日だからこのくらい?と思える人出ですが、暑さのせいで、一階、地下共、ジュース売り場は
大繁盛していました。

どんなショップが入っているかは下記ホームページで確認できます。

http://www.nicetoile.com/W/do/centre/accueil

エトワール Nice

この少女達の横をちょうどトラムが。
トラムのおかげで移動が楽になったと友人が言っていました。

Nice 2

マセナ広場 (Place Massena)です。プロムナード・デ・ザングレのホテルが集中する
あたりと比べると、閑散としていましたが、7月8月はこうはいきません。

Place Massena

日頃気に止めないギャラリーラファイエット(Galeries Lafayette)の上階。
改めて見てみるといかにも南仏していますよね。ロゴも控えめでよろしいです。
ところでトイレですが、以前は確か無料ではなかったかと思いますが、50セント払うように
なっていました。入口にある機械に50セントを入れると、専用のコインが出てきて、それをトイレのドアの
コイン投入口に投入する。するとドアが開く。有料無料はともかく、面倒くさいです。
たかがトイレされどトイレ。フランスです。(笑)

Galeries Lafay

旧市街、フラワーマケットや朝一でいつも賑わっていますし面白いショップもいろいろあります。
ですからここのレストラン群は、いつも観光客で一杯です。オペラ座を挟んで向かって左手より、
右手の方が静かです。
今回私は静かに昼食を取りたかったので、”Le Grand Balcon”というレストランにしました。
ラッキーな事に、外の席が空いていました。白いシャツを着た女性の隣の席です。
付き出しで出てきたタプナードがまず大変美味しかったです。

Restaurant Le Grand Balcon

25ユーロか28ユーロかのメニューだったのですが、お皿の真ん中にアーティチョークのリゾット、
周りに、オレンジのソースがベースの鱈が並べられていて、次回も同じ物をオーダーしたいくらい
美味しかったです。アーティチョークのリゾット、私もチャレンジしてみます。
レストランの中はこんな感じです。

Le grand Balcon 2 (1)

Le Grand Balon 3

面白いものを発見。
これってどうみてもハエたたき。でも高級な革でできたハエたたきって有りでしょうか? (笑)
いずれにしても、何か叩くんですよね~これ。

Nice 3

この時期比較的混んでいない時に行ったにもかかわらず、少し前まではお年寄りの街、
静かな雰囲気のニースだったような気がするのですが、今や若者の街、ヘソ出しルックは当たり前。
何でもあり。そんな感じに変わってきているニースを見て、私が住みたい街だった、かつてのニースは
もうないんだな~と少し寂しく思いました。
たまに行って食事したり、遊んだり、お買い物したりするにはいいけれど、住めないな~って。
初めてそんな気もちになりました。年齢のせいかもしれないけど、ちょっと残念。
冬だと又違うのかもしれませんが。(ニースの冬は寒いです。)

帰り道、車から撮った写真です。

風景

私はぶどう畑がないとだめなんでしょうね。緑、緑、緑、まるでグリーンの絨毯を敷き詰めたような、
それと青い空が相まって、なんとも言い難い景色です。喧騒から離れて大きく深呼吸。

風景1

田舎にいると都会が恋しくなり、都会の喧騒の中に入ると田舎が恋しくなり。
だから人はお互いを行き来して、足りないところを補っているのでしょうね。
同じ所に長く住んでいると、私達は時々、そこに人が羨む環境がある事を
つい忘れるのかもしれませんね。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 南仏プロヴァンス生活   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>