どの鶏にする?分かりやすいけれど……私は買えない!?

昨日久しぶりにイエールの町の中心にある広場を覗いてみました。
ここでもマルシェ・ド・ノエルは開かれていて、晴れ渡ったお天気の下、
皆それぞれ楽しそうに、午後のひと時を楽しんでいる様子でした。
この場所を訪れたのがかなり久しぶりだったので、……………

いつの年から始まったのか分かりませんが、広場には可愛いスケートリンクが
作られていて、クリスマスムードの盛り上げに一役買っている感じでした。

これがそのリンクですが、このサイズで円型だと、うまく滑るのが難しそう……
でも、子供たちにとっては良い経験ですよねっ。

アイスリンク

周りにはこんな感じで、どの町でも見られる同じ造りのマルシェドノエルの小屋が
建っています。

マルシェドノエル

で、今日の本題の”どの鳥にする?”ですが、
日本なら、デパ地下のハム、ソーセージ、パテ、テリーヌ売り場にミートショップが
足された感じとでも言えばいいのでしょうか? この店の表のショーケースにはいつも、
エスカルゴやパテやテリーヌ等がとてもセンス良く並べられていて、特にテリーヌは
見た目にもとても綺麗で、食欲をそそるような商品の見せ方がしてあります。
味は~…….最後に買ったのがかなり昔の事なので忘れました。
(と言う事は、そんなに感動しなかったのかな?)

で、そうです。昨日はイヴの前日、ディスプレーにも”より”力が入りますよね~。
クリスマスは家族皆で家で過ごすのが此方の習わしですから、料理も盛大に。
鶏を食べるのも一般的なようで、ブレス産の鶏、シャポン(去勢された鶏)、ほろほろ鳥、
七面鳥等々。

写真はこの店のショーウィンドーにつるされた鶏たち。
胴体だけだとどんな種類の鳥か分かりにくいですが、これだと一目瞭然!?
(なんちゃって、実は、写真は撮ったもののあんまり見てません。ちょっと苦手で….)

陳列1

陳列2

ちなみに鳥の種類としてはこうなんだそうです。(写真はウェブサイトより)
この写真を見てから前の写真に戻ると、ディスプレーの鶏の種類が分かりますね。

Pintade (ほろほろ鳥)
Pintade (ほろほろ鳥)

Chapon (シャポンとして3種類紹介されていました)
chapon

赤毛鶏かな?
chapon 2

黒毛鶏でしょうか?
chapon 3

Dindon (七面鳥雄)
dindon

そしていつもに増して、クリスマスっぽく作られたその他パテ等。
ツリー風に作られたサーモンテリーヌの横、真ん中は豚さんですよね~。う~ん….笑

ショーケース

今日のイエールは曇り空ですが、各々の家では、これから楽しいクリスマスイヴが始まります。
日本の皆さんは今その真っ只中ですね。
”Joyeux Noël !!”

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 南仏プロヴァンス生活   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>