感動のコンサート(Aix-en-Provence)と街の様子

昨日から休みなくミストラルが吹きまくっています。そのせいで暑さが和らいで、
それに強風が新鮮な空気を運んできてくれるので、一日だけなら良いのですが….
夕方バルコニーで食事をしている人を見たら、セーターを着ていました。
明日は止んでくれるかな~…….

さて今回はAix-en-Provenceで開催されたコンサートの様子と街の様子をお伝えしますね。
コンサートの会場は………….

”Grand Théatre”で、エクスのコンサートは殆んどこの会場で開催されます。

いつものように正面からの入場ではなく、セキュリティーチェックの為
2階からの入場となりました。20:00からの開演なので、その前に軽く
シャンパーニュ、ワイン、ビール、ウォーター等頂けます。
私ももちろん!……..ちなみにシャンパーニュはグラスで10ユーロ、
ワインは5ユーロでした。

concert 3

Philharmonia Orchestra (イギリス) website より
philharmonia_c_benjamin_ealovega_2-72dpi

CYCLE STRAVINSKI
指揮者:Esa-Pekka Salonen (エサ・ペッカ・サロネン)
    現在58歳、フィンランドの作曲家、指揮者
振付師:Karole Armitage (キャロル・アーミタージュ)
    現在62歳、アメリカの振付師

舞台の前面にスペースが有りますが、一部では、ここでオーケストラの演奏に合わせて、
ダンサーが(男性も女性も薄い生地のノースリーブの上とショートパンツを着て)
モダンバレーを披露しました。(パフォーマンスの撮影は禁止されていました)
キャロル・アーミタージュは21世紀版ヘアーの振付や、マドンナやマイケルジャクソンの
振り付けもしたようです。私のすぐ前に座っていらっしゃいましたよ。
音楽に合わせてピタリと止まる”きれ”のある動作や、又柔軟な動きにおいては、
音楽との調和がとてもよくとれていて、上手く表現されていたと思います。

concert

感動したのは二部でのストランヴィンスキー「春の祭典」の演奏です。
(原題フランス語:Le sacre du printemps, 英語:The rite of spring)
春の祭典は、ストラヴィンスキーがディアギレフが率いるバレエ・リュスの為に
作曲したバレエ音楽ですね。
ストランヴィンスキーについては、面白い話が色々ありまりますが、
*1959年に来日した時、武満徹を見つけ世界に紹介してから後、彼が有名になった。
*シャネルと一時期愛人関係だった…(シャネルって結構忙しい人..笑)等々….

これまで「春の祭典」を聴いた事はあったのですが、生演奏は初めてで、
迫力が違いました。ティンパルや管楽器、木管楽器、なかでもヴァイオリン演奏者の弓が、
一斉に上下に走る、まさに走ると言う表現がぴったりな、その美しさと力強さ、
フィルハーモニアオーケストラの演奏が兎に角上手かった!
久しぶりに感動しました。又新しいジャンルの音楽を発見出来たようで嬉しかったです。

Aixの町の様子をご紹介。

Cours Mirabeau (ミラボー通り)です。昔と比べて歩道を広くしたのは大正解ですね。
一昨年より去年、去年より今年と、毎年観光客が減っていると感じます。
猛暑のせいか、アイスクリームやシャーベット、ジュースが飛ぶように売れていました。

Cours Mirabeau

ファッションストリートが並行に何本か走っていると言っていいなら、
一番最後の通りです。近くにパサージュがあると言えば分かり易いですかね。
イヴドローム、ソニアリキエル、があります。
2枚目の写真の木の下にベンチが有って、人もあまりいないので、私はよくここで休みます。
所で、ショップはどこも全て大幅値引きでセールをやっていました。
パリで見てたサンダルが60%オフになっているのを見て、やはりプロパーでは買えないな~と。

street 1

street 2

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 南仏プロヴァンス生活, 文学・音楽・教養   タグ:   この投稿のパーマリンク

感動のコンサート(Aix-en-Provence)と街の様子 への2件のコメント

  1. koho より:

    三浦 様
    お久しぶりです!
    お障りなくお過ごしの事、ご活躍のご様子何よりと存じます。
    ブログも楽しく拝見させて頂いております。
    丁度、9月に娘がモンペリエに学会参加で行く事になり、ブログは、参考になります!
    m(_ _)m
    ニースのテロのニュース、あんじております
    由美さん、呉々も気を付けて!
    益々のご活躍を祈ります。

    東京においでの際はご連絡下さいね

  2. Yumi より:

    三浦様だなんて、”どなたかしらと”、暫し??でした。
    和世さんだったんですね。
    貴社のウェブサイトを訪ねて分かりました。
    本当にお久しぶりですね。十年以上ぶりではないですか?
    私もブログ読ませて頂きました。
    塩瀬帯、とってもいいですね!大好き!

    ニースのテロは本当にショックです。
    小さい命も犠牲になって、本当に心が痛みます。
    私は昨日はニースにおりませんでしたが、今月初めに
    ニースの駅で騒ぎに巻き込まれました。

    帰国した折には連絡しますね。
    和世さんもくれぐれもご自愛下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>