プロバンスの巨人(1)

ここ数日気温が下がって(今日は24℃)、とても過ごしやすいイエール。
来週は又30℃前後に戻るようだが、タンクトップから半袖に変わると、
まるで夏が去っていくようで、何だか寂しい気がする。
先週久しぶりに、二泊三日の旅程でプロバンスの村々を訪ねたので、
その様子をご紹介したい。
プロバンスの小さい村々は今でも、”昔のまま”といった所も多く存在する。
まるで緑の絨毯を敷き詰めたような、コートデュローヌのブドウ畑を通り過ぎると、
想像を絶する巨大な岩が目の前に迫ってくる、そんな光景に出くわす。
「プロバンスの巨人」の異名をもつ、Mont ventoux(モン・ヴァントゥ)

今回運よく、頂上まで行けた。

地図上のマークがモン・ヴァントゥ
旅程は、イエールから時計と反対回り(Sisteron-Orpierre-Die-Nyons-Aix)に
一周する形で。

Mont ventou map1

以前偶然手に入れた石鹸が素晴らしく、石鹸についていたタグを頼りに
生産者とコンタクトがとれて以来、親しくメールを交換するようになった。
そのご夫婦は、Orpierre(オルピエール)という村に住み、山に入って、
自分達の手で天然のハーブを摘み、商品を作っていると言う事だった。
”自然が豊かでとても良い所ですよ”というオルピエールの村の様子を聞いて、
どうしても一度訪ねてみたいと思ったのだ。

オルピエールの中心にある教会。この広場にツーリストオフィスもある。
10分も歩けば、村の見学はすべて終わる程、本当に小さな村だ。
2件あるレストランの内の1件は有名。(奥に赤いテントが見えるのがそのレストラン)

Orpierre2

日程が合えば、生産者のワークショップを案内してもらえたのだが、
都合がつかず、ツーリストオフィスに売ってあった石鹸を購入。

石鹸

岩と岩に囲まれて村が存在する感じ。そう!だから、オルピエールは
ロッククライマーの間で人気なのだとか。

Orpierre

Orpierre1

昔は洗濯場だった。この水が冷たくて、暑い夏には最高!

洗濯場

さて、この3枚の写真にある横向きY,X,反対向きS,はいったい何か?

ささえ2

支え

ささえ3

これで分かったかな?

ささえ1

答えは支え。壁が膨らまないように、表と裏を突き抜けて支えているんだと。
実は私、知らなかった。

オルピエールではないが、少し行った先の村で見た道しるべ。これはもうレア物。

道しるべ

ここで作られた石鹸が素晴らしい訳がよく分かった。
この後、いくつかの小さな村を走り抜け、まだまだ旅は続く…..次回へ。

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 南仏プロヴァンス生活, 風景・建物・遺跡   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>