プロバンスの巨人(2)Clairette de Die と Die(ディー)村

今日は、スパークリングワイン Clairette de Die(クレレット・ド・ディ)の話。
Die(ディー村)へ行ってきた。
日曜日だったのよね~。(最初から結末が想像できそうでしょ 笑)
まずクレレット・ド・ディーが作られる Die(ディー)村は……….

アルプスから流れるドローム川とイーゼル川に挟まれた場所にある。
調べたら、ここのワイン畑の土は、片岩質を多く含む泥灰土で、色が黒ずんでいる事から、
「黒い土地」と呼ばれているとあった。
ここで生産されるワインのほとんどがこのスパークリングワインで、その製法はなんと、
2000年前から受け継がれている伝統的なものらしい。
発酵開始から終了まで、6カ月にも及ぶ発酵期間の間、2~4℃という低温の環境をキープし続け、
その事で、このワインの甘みと香りを最高の状態に持っていくのだそうだ。
ヴエルコール山脈の冷水を利用できるという、地の利を生かした、クレレット・ド・ディー
にしかない独自の発酵法…….なるほど、納得!
そして嬉しい事がもう一つ、”添加剤を使用する事が一般的なスパークリングワインだが、
クレレット・ド・ディーのスパークリングワインは添加剤を一切使用しない” ヘルシー!

甘いので、私はいつもアペリティフとして頂くが、シャンパンと比べたら、香りがとても強くて
それでいてすっきりしていて、本当に美味しいと思う。お薦め!‼

写真はそのクレレット・ド・ディ。2種ね。最初のは既に頂き済みで(笑)とってもGoodだった。
2枚目の写真のゴールドメダルの方は後日に。どちらが美味しいかな?って、
より感動した方に軍配を上げるしかないよね、、私の舌では…….。

Clairette de Die

クレレット・ド・ディ

日曜日で全てのショップが閉まっていて、閑散としているディー村の広場。

Die1

教会の写真。教会の中はいつものように涼しくて、暫しの祈りを。

Die

教会入り口のボードに貼ってあった写真が摩訶不思議で。
狼に山羊の被り物。これは絶対合成写真だよね~。

羊と狼 (1)

法王がお見えになったのは事実として、これも合成写真??

羊と法王

プロバンスの巨人まだ続きます…….

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 南仏プロヴァンス生活   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>