南仏のゴルフコース

今日は南仏のゴルフコースについてのお話です。

ゴルフ発祥の地イギリスの名門コースと言えば、セントアンドルーズ、アメリカではぺブルビーチ。ではフランスは? と聞かれるとすぐには思い浮かびません。

フランスではこれまでゴルフは盛んではなかったのですが、そのわりには素晴らしいゴルフコースがあると聞きます。でも最近ではフランスでもゴルファーが増えて、コースの数もかなり増えているようです。

実は、私はゴルフ大好き人間なのです。ベストスコアが94という事で、腕前の程は察して頂くとして(ベストスコアがこの程度ということは、普段はいくつ叩くのでしょうか?…..冷や汗) かれこれ10年以上前の話です。
ゴルフに夢中だった私は、…………….

せっかくLA (ロサンジェルス)に行くのだからと、わざわざ日本からマイクラブを担いで行ったものです。今は、その必要はないな~っと思っています。

ロスのゴルフコース(名門とかかではなく、普通のご近所のゴルフ場と言った感じの所でも)は、日本と比べると本当に広い!!と言えますね。OB なんてありえない!! (フェアウェイ真ん中に打てなくても、むしろ横にはずす方が難しいくらい横幅がある)のに、私が打ったドライバーやセカンドショットが、OBすれすれというのがいくつもありましたね~。それから、プレイフィーが安い事と言ったら、あの当時本当に驚きでした。

で話はそのフランスのゴルフ場ですが、パリ郊外にある「ゴルフ・デュ・シャンティ」はシャンティ侯爵家の私有地内に作られたプライベートコースで、フランスオープンが開催されたことで有名のようですね。

南仏にもいくつかいいゴルフコースがあるようです。サントロぺにある、ガッサン・ゴルフ&カントリークラブとかをききますが、私はもっぱら、家から車で5分の所にある、ドルチェフリガットを利用します。

ドルチェフリガットは18ホールのコースと、9ホールのショートコース、ゴルフ練習場があります。18ホールのコースは途中海が見えるホールがあるのですが、ここからのティーショットは本当に気分爽快です。私は基本的にカートを使わず歩きで回るのが好きなのですが、歩きだとかなりの運動量になります。

最近私は、9ホールを回っています。というのも、9ホールは何度回ってもいいんです。練習には十分です。昨日のアパートメントの記事にも書いたのですが、(株)Yumi Books の代表をしている私は、南仏に旅行にこられた方で、私の町に滞在したいと思われる方に、素敵なアパートメントやホテル、フランス人の私の友人が開くホームパーティを一緒に楽しんだりする等の御案内をしていますが、ゴルフコースもここをお勧めします。

このコースにはホテルもあり、ここでゴルフとワインを楽しむのも、とても良い旅行だと(思います。支配人とも懇意にしていますので、最近貸しクラブを見せてもらいました。キャラウェイの新品(女性用も有り)を、かなりたくさん揃えていました。3か月ごとに新品と取り換えるとおっしゃるように、本当にきれいなクラブでした。マイクラブをわざわざ日本から担いでこないでも、貸しクラブを借りて練習場で練習した後、コースを回るのもいいかな~と最近は思います。

たまには違うクラブで打ってみると、意外と新しい発見もあったりして。ドルチェフリガットは私一押しのゴルフコースです。

写真はサン・シル・シュール・メールにある、そのゴルフコース。最終18番です。

ゴルフコース

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 南仏プロヴァンス生活   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>