日本人のレビュー(口コミ)が、一番信頼できまする‼

今年ももうあと残す所半月となってしまった。
あっという間の一年と言うが、私にとって今年はいつもの年より長く感じた。
大学時代からの親友が、勤続35周年と言う事も有って、1週間の休みが
何の気兼ねもなく(笑 ここが肝心!如何にも日本らしい)とれるというので、
”ならば私が日本にいるうちに、二人でどこか近場へ行こうか”と言う事になった。
4泊5日、どこへ行ったでしょうか?……….

台湾でした。

”計画は全てあなたに任せるから宜しく!”と親友は言い、”何があっても絶対
文句は言わないからね!”と念を押された私は、快く任務を引き受け、ツアコンとなった。

旅程作りはこれまでもう何十回とやってきたし、そして多分これからも続く事だ。
面倒だと思った事は一度もないから、案外好きなんだと思う。
「残席3!」や「残り1室!」なんていう表示を見て、急いでBookingする時の
ドキドキ感と予約後の安堵感は確かに何とも言えないものがある。

台湾は二人とも初めてだった。いつでも行けると思う所は近くて案外遠いものだ。
福岡国際線から桃園空港まで2時間35分の飛行で、EVA Airを使った。
結論から言うと、台北滞在中のお天気はずっと曇り、小雨もあったが濡れる事はなかった。
服装はというと、長袖シャツにノースリーブのダウン。場合によってその上に
長袖のダウンを羽織った。ダウンと言っても春、秋に羽織る、かなり薄くて軽量のだ。
セーターは必要なかった。

ネットでよく目にするのが、”…何月にどこどこへ行くのですが、服装は?” だが、
私は行く先の国(都市)のライブTVをネットでまずチェックする。そして報道された映像での
現地の人の服装を観察する。これが一番的確に、現地での服装を知る方法ではないだろうか?
(台湾のTVはなかなか市中の様子を映し出さず、少し時間がかかったが、それでも見つけられた)
持って行った洋服で問題なかった。良いっでしょこの方法、ねっ!

ところで、本題の”日本人のレビュー(口コミ)信頼できまする!”について。

以前からず~っと書いている事だが、私はホテルの予約にはBooking comを使っていて、
これまで何の問題もない。Wifiが使える事と、口コミ評価9以上ををまず選び
(ごく稀に8,8以上でOKの事も有る)皆のレビューを丁寧に読む。
英語圏の人のレビューも読むが、日本人のコメントが一番正確で的を射ていると思うし、
とても参考になる。これはBooking com だけではない。
トリップアドバイザーに於いても同じで、良かった事よりむしろ、注意点、問題点を
指摘してのコメントは有難い。知ってて良かったと思った事が多々あった。

それからネットで、現地の最新情報を教えてくれている人達。ガイドブックに間に合っていない、
例えば、”バス停の乗り場が先月変更になった”とか、”今はこれは使われていない”だとか、
とても親切に書いてくれている人がいる。この場を借りて皆さんにお礼を言いたいし、
私も皆さんの役に立てる様、できるだけ協力しようと思う。

九份。全体的にどこへ行っても観光客はこのシーズン少ないな~と思っていたが、
ここはちがった!千と千尋の….という事に、宮崎駿さんは否定しているようだが、
ともかく、多くの人でごった返していたし、日本人の観光客も多かった。

九份茶屋

中正紀念堂

中正紀念堂

遠くから見た時、この衛兵を人形だと思った(笑) 全く動かなかった。

中正紀念堂4

交代式を見たが、まるでショーのようで少し長すぎた?

中正紀念堂7

龍山寺

龍山寺2

龍山寺7

お寺の横に公園があるが、そこには浮浪者が多くいて、昼間なら一人でも問題ないと思うが、
出来れば二人以上で訪ねた方が安心かもしれない。地元の人が多く訪れていて、私達も一緒に
お祈りをした。(入口で3本のお線香を無料で配られるので、お賽銭をあげましょうね)

龍山寺

林本源園邸。屋敷が工事中で見られなくて残念だった。
庭も今後手入れがされれば、きっと素晴らしい庭園になるだろう。その時に是非又訪れたい。

林本源園邸

小籠包が美味しいと評判の店、鼎泰豊(ディンタイフォン)。
3階で食べるのがお薦め。小籠包の中でも”へちまとエビ”の小籠包が絶品だった。

鼎泰豊(ディンタイフォン

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: 諸外国滞在, 風景・建物・遺跡   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>