サントロぺのお店いろいろ

今日は久しぶりに、サントロぺ(St. Tropes)のお店のご紹介です。

と言っても、写真は現在ではありません。サントロぺのお店は、11月初めから2月初旬まで完全に閉まっています。(お店によってまちまちです。2月1日から開けるところもありますし、3月からというお店もあります。)

サントロぺに限らず、ジョアンレパン(Juan les Pins) もそうですが、コートダジュールにあって、夏のバカンスで賑わう街は、冬の間3か月は閉めるというが当たり前になっています。

という事は、………….

裏を返せば、3か月店を閉めても経済的に成り立つわけですから、夏の間にいかに頑張っているかですよね。

私の友人のフランス人のホテル支配人はこう言いました。

私:「人がたくさんいてすごく混雑してるのって私好きじゃないんですよね~。」
支配人:「確かに込みすぎてるっていうのは問題かもしれないけど、でもさ、想像してごらんよ。
だ~れもいないレストランに行く?なんか怪しくない?海だってさ、だ~れもいなかったら、楽しくないよね~。」

確かにそうですね。昨日ご紹介したイエールもそうですが、サントロぺにしても、トゥーロンにしても、ハーバーにずらっとレストランが並んでいるようなシチュエーションでは、どのくらい人が入っているかは、そのレストランに決めるかどうかの、大切なチェックポイントですね。

私の場合はそれプラス、食べてる人のプレートをちらっと見たりしますね。(ちらっとですよ。間違ってもそれ何ですか?なんて聞きませんからね。笑)お店はほとんど全部と言っていいほどオープンですから、外からしっかりチェックできる距離にありますからね。

ですが、最近思うのですが、少し前までは、ウェーターさん、ウェートレスさん達は、どんなに忙しくても、それをお客様に気づかせないよう、それによって不快にさせないよう、気を配っていました。でも最近は、「忙しいのだから、そのくらいは我慢しろ!」 みたいな接客態度の店が多いです。接客がバタバタしているので、こちらも落ち着いて食事ができない。これはかなり残念な事です。

ですから、だ~れもいないレストランには確かに入らないと思うけれど、混雑しすぎているレストランを敬遠するのはこう言う訳があるんです。

”人気があって込んでるけど、並ぶほどではない”、がベストなんですが、そううまくはいきません?

写真はトムさんのお店。ペット好きなお客さんと話が弾んでいました。トムさんは感じのいい人で、クルーザーのミニチュアがすごくきれいでした。

トムさんのお店

ウィンドーに飾ってある車です。持ったらとても重かったです。お値段もすご~く高かったと思います。

車

お気に召したらクリックして下さい
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ


カテゴリー: ショップ・デパート・ホテル   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>